飲食店開業のノウハウを紹介する情報サイト

飲食店の仕入れ先として検討した方がいい『都内近郊(1都3県)卸売市場』をご紹介!


全国的にも卸売市場と言えば「豊洲市場」や「大田市場」が広く知られていますが、都内や東京近郊にはほかにも多数の市場があるのをご存知でしょうか?

今回は、飲食店の仕入れ先として検討した方がいい『都内近郊(1都3県)卸売市場』をご紹介します。

飲食店におススメの都内近郊(1都3県)卸売市場をご紹介

東京都内

東京都内の市場と言えば、「豊洲市場」と「大田市場」です。「豊洲市場」は敷地面積においては都内中央卸売市場の中では最も小さく、それゆえに買出しに来る八百屋さん、せり人、仲卸業者などの市場関係者がお互いに顔がわかり、アットホームな雰囲気の中で取引が行われています。また、近年は食の安全安心に対する取り組みが重要となっていますが、コンパクトな市場の利点をいかし、取扱品目に関する様々な情報交換を頻繁に行うなど、消費者への安全安心な青果物の安定供給という市場の使命を果たしています。「大田市場」は水産もさることながら、青果部・花き部では、日本一の取扱規模を誇っており、大田市場での決定価格は、日本全国の市場の指標となっています。

都内で青果を仕入れる際は、地域密着型の「豊島市場」や、海外をはじめ日本各地、市場近郊から新鮮な青果が集まる「多摩ニュータウン市場」などが利用可能です。一日平均700~1,000トンの野菜や果物が行きかう「淀橋市場」は、青果において豊洲や大田市場に次ぐ取扱量を誇ります。

また周辺の農家から新鮮な野菜を入荷する「北足立市場」や、全国各地の青果と世田谷の地場野菜が並ぶ「世田谷市場」、卸売場を低温化し、青果を定温で流通可能にした「葛西市場」には、青果のほか「花き」も集結しています。同じく青果と花きが集まる「板橋市場」は、都外の業者やスーパーマーケット業態との取り引きも多い市場として知られます。

魚介類を仕入れるなら、水産物専門の中央卸売市場としては都内で唯一の「足立市場」がおススメです。一方肉を仕入れるなら、都内での選択肢は「食肉市場」のみ。肉を扱う市場としては、全国一の取扱高を誇ります。

神奈川県

海を身近に感じられる神奈川県では、水産物を中心とした市場が豊富です。「ひらつかタマ三郎漁港」に隣接する「平塚市水産物地方卸売市場」のほか、県西部で最大を誇る「小田原市公設水産地方卸売市場」、三崎漁港内の「三浦市三崎水産物地方卸売市場」など、多彩な水産物市場が点在しています。

「横浜市中央卸売市場」は、水産物と青果を扱う本場と、さまざまな肉を扱う食肉市場の二か所で構成しています。「川崎市中央卸売市場北部市場」と「川崎市地方卸売市場南部市場」は、水産物・青果・花きの仕入れに便利です。また「小田原市公設青果地方卸売市場」や「鎌倉青果地方卸売市場」をはじめ、鮮度の高い青果を入手できる市場もバラエティに富んでいます。

【無料】飲食開業相談会を実施しています。飲食開業相談会申し込みはこちらから。

埼玉県

埼玉県には、「大宮中央青果市場」と「埼玉県魚市場」で構成された「大宮総合食品地方卸売市場」があり、青果や魚介だけでなく、肉・加工品などを仕入れ可能になります。「さいたま春日部市場」や「浦和総合流通センター」でも、青果・水産物・肉などを幅広く取り扱っています。

「埼玉川越総合地方卸売市場」には青果・魚介類・総合食品が、「秩父市公設地方卸売市場」には青果・水産物・魚介の加工品が集結しています。「越谷総合食品地方卸売市場」は、青果物のほか鮮魚の品ぞろえも豊富です。また「熊谷青果市場」や「深谷並木青果市場」をはじめ、青果を中心とした市場も充実。食肉の仕入れを強化したい時は、「さいたま市食肉中央卸売市場」や「川口食肉地方卸売市場」の利用もご検討しましょう。

千葉県

全国でも有数の農業県である千葉県には、「松戸市公設地方卸売市場南部市場」をはじめ、青果がメインの市場が数多あります。そのほか「船橋市地方卸売市場」や「成田市公設地方卸売市場」、「木更津市公設地方卸売市場」など、水産物と青果が集まる市場も。「千葉市地方卸売市場」は、水産物・青果・精肉などの仕入れに、「柏市公設総合地方卸売市場」は、水産物・青果・花きの仕入れに重宝しそうです。

また水産物の仕入れ先を探す場合は、小規模ではあるものの「館山丸魚株式会社」との取り引きも視野に入れてはいかがでしょうか。

まとめ


いかがでしたでしょうか?今回は、飲食店の仕入れ先として検討した方がいい『都内近郊(1都3県)卸売市場』をご紹介しました。

市場利用は初めこそ多数の取引量や実績がないと難しいものの、卸売業者との良好な関係を地道に築き上げ、取り引きを重ねるうちに、話題になりそうな食材や生産地の現状など、有益な情報を得ることもできます。さらに交渉次第では、掛け払いや配送に対応してもらえる場合も。地元ならではの物産が集う市場では、希少な食材を入手できるかもしれません。

そして市場独自のルールが存在することもあるため、事前のリサーチは必須です。各市場の特徴、メリット・デメリットをしっかりと見極めて長く取り引きできる市場を選んでいきましょう。

記事のお問い合わせは
下記電話にお問合せください。

スタートゼロワン株式会社
電話番号:03-6380-3041

カテゴリー

タグ

おすすめ記事

起業・開業支援情報

起業・開業のノウハウ集
起業・開業の専門家が教えます
起業・開業 情報サイト
資金調達 情報サイト