飲食店開業のノウハウを紹介する情報サイト

飲食店のユニフォームの役割や選び方とは?


飲食店のユニフォーム選びは大変重要です。ユニフォームは来店されたお客様が最初に目にし、そこでお店のイメージが確立します。料理や接客と同じようにユニフォームも重要です。ではどのようにしてユニフォームを選べばいいのでしょうか?

今回は、飲食店のユニフォームの役割や選び方について解説していきます。

飲食店ユニフォームの役割とは?

飲食店ユニフォームの役割は以下になります。

  • 宣伝・告知ができる
  • お店のスタッフ全員の雰囲気や見た目を統一化できる
  • 飲食店内での各業務の役割が見た目ですぐにわかる
  • お店の印象が良くなる
  • 他の店舗との差別化
  • 働き手のとって機能性である
  • お店で働きたいと思える人が集まる

飲食店ユニフォームは、顧客に対してお店の集客や飲食を良くすることはもちろん、お店で働く従業員にとっても働きやすさをあたえる大変重要なものです。

飲食店向けユニフォームの種類

  • コックコート
  • 調理白衣/作業衣・甚平
  • 和風ユニフォーム
  • シャツ
  • エプロン
  • 飲食店用Tシャツ/ポロシャツ
  • ベスト
  • パンツ
  • コックシューズ
  • 帽子・アクセサリー

業態によって、ユニフォームの種類は変わってきます。例えば蕎麦屋やうどん屋などは、調理白衣や作業衣・甚平を選択するケースが多く、カフェなどではエプロンやシャツなどのカジュアルなケースが多いです。

現在は、「フードユニフォーム」「食べコレ」などの飲食店用ユニフォーム通販サイトや「サーヴォ」「サニクリーン」などのレンタルユニフォームサービスなど充実しています。

【無料】飲食開業相談会を実施しています。飲食開業相談会申し込みはこちらから。

飲食店におけるユニフォーム選びで大切な事とは?

飲食店におけるユニフォーム選びで大切な事は以下3点になります。

コンセプトにあったユニフォーム選び

最近では、カフェ・居酒屋・レストランなど、あらゆる飲食店において「コンセプト」の重要性が見直されています。そして、独自のコンセプトを打ち立て、そのコンセプトをもとに緻密なブランディングをしている店舗は、集客に成功している傾向にあります。飲食店において、コンセプトを体現するために欠かせないアイテムの一つがユニフォームなのです。

高価なユニフォームを購入する必要はありませんし、完全オーダーメイドで制服をつくる必要もありません。飲食店にとって重要なのは、お店のコンセプトを反映できるユニフォームを選ぶことです。「産地へのこだわり」「おもてなしの心」「リーズナブルで美味しい」など、あなたのお店のコンセプトは、どんなユニフォームにすれば表現できるでしょうか? コンセプトにぴったりの制服に好印象を持ってもらえれば、それだけでお客様の満足度は変わってきます。

清潔感は必須

言うまでもないことですが、飲食店にとって清潔感のないユニフォームは致命的です。ユニフォームの汚れは落とせますが、一度付いてしまった不衛生な印象をぬぐい取るのは容易ではありません。特に食の安全への意識が高まっている昨今、第一に求められるのが清潔感です。

飲食店のユニフォームは、コンセプトにかかわらず清潔感があることが最低条件になってきます。もちろん、こまめにクリーニングすることも忘れずにしましょう。

用途に合わせた機能性のあるユニフォーム

デザインが良くても使いにくいユニフォームでは全く意味がありません。見た目が良いだけのユニフォームではいけません。

例えば、高熱の油や火を扱う厨房スタッフは、火傷を防ぐ為に厚手で長袖のユニフォームが必要になります。防炎とまでは行かなくても耐炎を選びましょう。

ホールスタッフはお客様からのメニューを聞くためにメモ帳やボールペンを常備しています。それらを収納するためにポケットの多いエプロンも必要です。気付かずにポケットなしのエプロンを買わないようにしましょう。

毎日使うユニフォームなので、清潔感を保つために洗濯する回数も多くなります。シワシワのユニフォームを着ているとお店のイメージが悪くなってしまいます。何回洗濯しても劣化しにくい耐久性があるかも大切になります。

まとめ


飲食店のユニフォームは、料理や接客と同じようにユニフォームも重要です。上記を参考に自店舗に適したユニフォームを選んでください。そして拘るなら、飲食店のスタッフ全員で、店名やロゴ入りにしたりするのもいいでしょう。

記事のお問い合わせは
下記電話にお問合せください。

スタートゼロワン株式会社
電話番号:03-6380-3041

カテゴリー

タグ

おすすめ記事

起業・開業支援情報

起業・開業のノウハウ集
起業・開業の専門家が教えます
起業・開業 情報サイト
資金調達 情報サイト