飲食店開業のノウハウを紹介する情報サイト

飲食店開業におススメのクラウドファンディングサービスをご紹介


飲食店を始めるのに多額の費用が必要になります。また、日々の運営を続けるにもコストが必要です。多くの飲食店では、自己資金に融資などで借入金をプラスするのが一般的ですが、最近、クラウドファンディングを活用して資金調達をするケースが増えています。

今回は、飲食店開業におススメのクラウドファンディングサービスをご紹介していきます。

クラウドファンディングとは?

はじめにクラウドファンディングとは、群衆(Crowd)と資金調達(Funding)を組み合わせた造語で、インターネット上で不特定多数の人から資金を集める仕組みのことです。個々の出資額がわずかな額でも、多くの人から出資を募ることでまとまった資金を得ることができます。

利用するクラウドファンディング会社によって条件や手続きは異なりますが、 資金の使い道は、新規事業の立ち上げや、ものづくり、社会貢献、新規商品のPRなどさまざまな用途があります。

クラウドファンディングの種類

クラウドファンディングには大きく分けて、金銭以外のモノやサービスを特典として受けることができる「非投資型」と、金銭的なリターンを得る「投資型」の2つがあります。

まず非投資型には「購入型」「寄付型」があり、投資型(金融型とも呼ばれる)は「融資型(ソーシャルレンディング)」「ファンド投資」「株式投資型」に分類ができます。

非投資型

購入型

購入型の特徴は、支援者へのリターンは、モノ・サービスが一般的となっております。金銭でのリターンはございません。

寄付型

慈善事業に特化しているタイプです。支援者へのリターンは原則的にはありません。

投資型

融資型

融資型は、個人から集めた資金で企業に融資を行う仕組みです。支援者へのリターンは、元本と利息から発生します。融資型でサイトを選ぶにあたり押さえておきたいポイントは「担保の有無がしっかり掲載されていること」です。

ファンド投資型

ファンド投資型は、特定の事業に投資をすることです。ファンド投資型の支援者へのリターンは、事業が成功した際、出資額に応じた配当です。

株式投資型

株式投資型は、未上場企業に投資をすることです。株式投資型の支援者へのリターンは株式を支援者へ発行することになります。

【無料】飲食開業相談会を実施しています。飲食開業相談会申し込みはこちらから。

飲食店開業におススメのクラウドファンディングサービス

ここからは、飲食店開業時に利用したいおススメのクラウドファンディングサービスをご紹介します。

Makuake(マクアケ)

株式会社サイバーエージェントのグループ企業である株式会社マクアケが運営するクラウドファンディングサイトです。独自の市場分析ツールやメディア掲載数5,000件以上の実績が強みです。プロジェクト実施中に伊勢丹新宿店の6店舗の常設スペースに商品を展示可能(審査あり)。ふるさと納税型のMakuakeガバメントもある。手数料は20%(決済手数料5%を含む)。

Readyfor(レディーフォー)

日本初・国内最大級のクラウドファンディングサイトです。2011年3月設立。調達側の手数料は、シンプルプラン手数料7%+決済手数料5%(=12%)、フルサポートプランはサポート手数料12%+決済手数料5%(=17%)。寄付型に特化したReadyfor Charityや、ふるさと納税を対象にしたReadyforふるさと納税、国際協力活動応援プログラムのReadyfor VOYAGEのほか、Readyfor 緊急災害支援プログラム、大学向けクラウドファンディングのReadyforCollege、社会的養護を必要とするこどもを支援するReadyforこどもギフトを展開している。

飲食店に特化したクラウドファンディングもある!?

クラウドファンディングが多様化する中で、飲食店に特化したものが登場しています。その代表格が、キャンプファイヤーが運営する「3rd table」です。飲食店とファンの新しいつながりをつくることを目的に作られた飲食店専門のクラウドファンディングで、出資者は飲食店が好きな人ばかり。厨房のリニューアルを目的にしたものや有名店の味を復活させるプロジェクトなど個性的なものが多くなっています。

クラウドファンディングはお店のファン作り

飲食クラウドファンディング資金が集まればプロジェクトを遂行するわけですが、 飲食店では、多くの人が実際に店舗を利用してくれることになります。出資者は、事前に店舗に期待をし、資金を提供してくれた人なわけで、来店時に好印象を与えることができれば、確実に店舗のファンとなります。リピーターとして長く愛用してくれれば、売上も安定します。そして自分のお店のように感じ、お客の輪を広げてくれます。店舗側は、資金提供時だけでなく、顧客との良好な関係のきっかけ作りとしたい所です。

まとめ


飲食店の資金調達の方法としてクラウドファンディングを紹介しました。新規店舗の出店資金や移転資金の確保に加え、会員獲得による売上の安定や話題集めなど、利用する方法は様々です。是非自分のお店にあったやり方で資金を集めて、成功を手にしましょう。

記事のお問い合わせは
下記電話にお問合せください。

スタートゼロワン株式会社
電話番号:03-6380-3041

カテゴリー

タグ

おすすめ記事

起業・開業支援情報

起業・開業のノウハウ集
起業・開業の専門家が教えます
起業・開業 情報サイト
資金調達 情報サイト