飲食店開業のノウハウを紹介する情報サイト

飲食店開業における「学生街」に出店するメリット・デメリットについて解説


飲食店の開業を検討している人の中には、学校が多く立ち並び、学生が多く行き交うエリアでの開業を検討している方もいるかと思います。SNSを中心に若者から発信される情報は、企業やメディアの動向を左右し、その影響は飲食店の経営状況にも大きく及びます。

そこで今回は、飲食店開業における「学生街」に出店するメリット・デメリットについて解説していきます。

そもそも「学生街」とは?

学生街とは、主に大学や学生寮、学生マンションなどが多い地域のことになります。近年では、学生が多く集まる街、学生向けの安いお店が多い街という意味でも使われています。

学生街に飲食店を出店するメリット・デメリット

飲食店を出店する際にはエリアの特性を把握しておくことが大切になってきます。ここからは学生街に飲食店を出店するメリット、デメリットについて解説していきます。

学生街に飲食店を出店するメリット

リピート顧客を獲得しやすい

週5日間、同じ場所に学生たちが通学する学生街は、リピート顧客を獲得するにあたって最適となる環境の一つです。学生たちに好まれる味、ボリューム、価格帯、メニュー構成を設定することで、日常的に利用してもらえるお店にしましょう。

ピークタイムの分散

大学生の場合には、学部や学科、個人の履修科目によって授業の時間や登校時間が異なります。これにより、ランチタイムやカフェタイムなど食事を取る時間帯が固定化されず、ピークタイムがある程度分散された状態で集客を図ることができます。

オフィス街の場合には、ビジネスマンの昼食時間帯が12時~13時と固定で決まっている企業が多い為ランチタイムに客足が集中し、満席で機会損失となるケースも多々ありますが、学生街の場合には比較的広い時間帯での来店があるので取りこぼしなく売上を立てることができます。

自動的に店舗情報が拡散されるチャンスがある

通常、チラシやインターネット広告などにかかる販促費は売上の5%程度かかるといわれていますが、コストに見合う効果が得られるとは限りません。しかし、学生街では飲食店側がお金をかけなくても、学生がSNSで宣伝してくれる可能性大。感度の高い学生から発される口コミや高評価は、広告よりも信頼性の高い集客ツールとして活躍してくれます。

学生街に飲食店を出店するデメリット

客単価の低さ

企業に勤める社会人に比べ、アルバイトとして働く学生にとって使えるお金は限られており、その分普段の食事においては低価格帯のお店が好まれます。また、活動量が多く流行に敏感な若者にとって、価格以上のボリュームや質、見た目といったコストパフォーマンスがより重要視されます。

当然、お店側にとってはボリューム感をもたす為の食材コストや見た目にこだわる調理時間が大幅に必要となるので、営業の効率と価格帯とを両立する為には、安価な仕入れルートの確保や調理のオペレーション改善などトータルコストを加味して販売戦略を検討しなければなりません。

騒音トラブルの可能性

酒類を提供する居酒屋や飲み終わりに立ち寄りやすいラーメン屋などではトラブルがつきもの。宴会やイベントで若者が多く集う際に、話し声や笑い声などの騒音が近隣トラブルへと発展するケースは少なくありません。

特に、マンションの一画にある店舗や住居が隣接している店舗は注意が必要。来店する顧客のイメージが店舗そのものの印象を悪くし、顧客離れにつながる可能性もあるので注意喚起や対策を敷くことも忘れずに行いましょう。

学生の数が少なくなるシーズンがある

たとえ学校が多く立ち並び、学生が多く行き交うエリアであっても、シーズンによってその数にはかなり違いがあります。例えば夏休み、冬休みの時期になると、目に見えて行き交う学生の数は少なくなります。

また大学が多いエリアの場合、春先は新入生を含めた多くの学生で溢れていることが多いですが、夏場に近づくと少しずつ大学に通わなくなる学生が増えたり、学生生活に馴染めない新入生が退学したりすることで、徐々に学生の数は減っていく傾向にあります。

したがって学生が多いエリアの飲食店は、多くの集客が見込めるシーズンがある反面、ガタッと売上が落ちるシーズンもあるため、安定した経営をするのが難しくなります。

【無料】飲食開業相談会を実施しています。飲食開業相談会申し込みはこちらから。

学生が多いエリアで効果的に集客する方法とは?

学生が多いエリアで飲食店が効果的に集客するには、学生に向けたサービスを充実させつつ、もっと視野を広げる必要があります。

おすすめの方法は以下の通りです。

サラリーマンもターゲットにする

学生が多いエリアだからと言って、学生のみをターゲットにすると、売上がガタッと落ちるシーズンが生まれてしまいます。したがって、周辺で働くサラリーマンもターゲットにし、できるだけ安定した経営ができるように工夫しましょう。

駅が近いエリアやオフィス街が近いエリアであれば、なおさらこの方法はおすすめです。

ディナータイムの学生向けサービスを充実させる

学生が多いエリアで飲食店を開業する場合、ランチの時間帯はある程度集客できても、学校が終わって帰宅する学生も増えるディナーの時間帯は、あまり集客できないことが多いです。したがって、ディナーの時間帯にしか利用できない学生向けサービスを充実させれば、より効果的に集客できるでしょう。

具体的には、大学の飲み会サークルなどで利用しやすいように、ディナータイムのアルコールの価格を安くしたり、時間無制限の飲み放題サービスを提供したりといった工夫が挙げられます。またこの方法で集客に成功すれば、“学生に良心的な店”と認識してもらえるため、口コミでさらに学生が取り込める可能性も高くなります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は、飲食店開業における「学生街」に出店するメリット・デメリットについて解説しました。

学生街に飲食店を出店するためには様々な問題点がありますが、その土地の客層と地域性をきちんと把握することが、開業を成功させる秘訣となるでしょう。

【無料】資金調達相談会を実施しています。資金調達相談会申し込みはこちらから。
記事のお問い合わせは
下記電話にお問合せください。

株式会社ベクター
電話番号:03-5333-7013

カテゴリー

タグ

おすすめ記事

起業・開業支援情報

起業・開業のノウハウ集
起業・開業の専門家が教えます
起業・開業 情報サイト
資金調達 情報サイト