飲食店開業のノウハウを紹介する情報サイト

自店舗に取り入れてみたい台湾料理をご紹介


台湾料理が流行ったきっかけは、やはり「タピオカ」の流行です。日本にあるタピオカブランドの多くは台湾からやってきたものです。日本のタピオカのブームは3度あり、中でも2019年から始まった第3次タピオカブームが大きな流行を作りました。今ではこの勢いは落ち着いたものの、「nextタピオカ」と呼ばれる台湾グルメが続々登場しています。このように、日本でも台湾料理屋を見ることが珍しくなくなっていきました。

そこで今回は、自店舗に取り入れてみたい台湾料理をご紹介していきます。

台湾料理は多様性に富んでヘルシー

多様性に富んだ台湾の料理ですが、やはり中華圏だけあって中国系の料理が中心です。中国料理といえば油をたっぷり使用した濃い味付けという印象がありますが、台湾で食べる中国料理は意外とさっぱり味です。油も塩分も控えめで、ヘルシーな味付けといえます。また、八角やパクチー、ラッキョウやニンニクなど香りが強い薬味をふんだんに使った料理が多いことも特徴です。

さらに日本統治下の影響もあって、醤油や鰹節、椎茸の出汁などを使った和風のバリエーションもあり、日本人には親しみやすい味付けとも言えます。

【無料】飲食開業相談会を実施しています。飲食開業相談会申し込みはこちらから。

自店舗に取り入れてみたい台湾料理

では、自店舗に取り入れてみたい台湾料理を紹介いたします。

麺料理

担仔麺(タンツーミェン)

担仔麺(タンツーミェン)は、台湾で最も人気のある麺類です。エビ出汁とパクチーの風味が爽やかなエスニック風の麺で、具材にはそぼろ肉やエビ、ニンニク、もやしなどが使われています。スープは味噌味ベースが中心で、中細のストレート麺が特徴です。元々は台湾南部の都市・台南の名物郷土料理でしたが、今では台北をはじめ台湾各地で食べることができます。

牛肉麺(ニョウロウミェン)

牛肉麺は台湾のソウルフードと言われています。牛の肉と骨を煮込んだスープが特徴で、牛自体も柔らかくほろほろに煮込まれており、抜群に美味しいです。麺はラーメンのような細い麺ではなく、うどんのような少し太めな麺です。台湾のスーパーではインスタント麺としても売られているほど、広く人気のある料理です。

大腸麺線(ダーチャンミェンシェン)

名前だけを聞いたら恐ろしい料理が運ばれてきそうな気がしますが、台湾ではとても人気がある麺料理です。まず「麺線」とは素麺のことです。とはいっても日本の「そうめん」とは全く異なる食感です。そうめんのようにコシがなく、長時間茹でたインスタントラーメンのように柔らかな食感です。鰹節ベースのとろみが効いたスープに入れて食べます。そして、大腸とはそのまま豚の大腸のことで、輪切りにしてトッピングします。日本風に例えるなら、トロトロのモツ煮込みに柔らかい細麺を入れた料理ということになりますが、その風味はモツ煮込とも違う独特のものです。一度食べたらやみつきになること必至で、台湾では屋台のテイクアウトメニューとしても人気があります。

飯料理

魯肉飯(ルーローハン)

日本でも知名度が高まりつつある魯肉飯(ルーローハン)。台湾で最もポピュラーな飯料理のひとつです。脂身の多い豚バラ肉を醤油やみりん、砂糖などで甘辛く煮込んだ具材は、温かい白米(台湾米)にとてもよく合います。庶民的な味覚として、台湾にあるどんな小さな食堂でも提供される定番料理です。

鶏肉飯(ジーローハン)

鶏肉飯(ジーローハン)は名前の通り「鶏肉」を具材にした丼ぶり飯で、前述の「魯肉飯」とともに台湾で最も庶民的な料理です。鶏のモモ肉(またはムネ肉)を細かくほぐし、甘辛ベースを油タレを上からかけて完成します。シンプルな料理ですが、鶏の旨味とタレの風味が絶品で、さっぱりとした味わいが魅力的です。鶏肉を使用するという共通点以外はバリエーションが豊富で、魯肉飯同様にお店や地域によって様々な味わいが楽しめます。

排骨飯(パイコーハン)

排骨飯(パイコーハン)は日本の中華料理でも知られていますね。中華麺にアレンジした排骨麺も人気があります。魯肉飯、鶏肉飯とともに「三大台湾飯」に数えられますが、そのうち一番日本人には馴染みが深いかもしれません。排骨とは豚のあばら肉のことで、英語ではスペアリブと呼ばれています。この排骨に溶き卵と小麦粉、片栗粉などで衣をつけて油で揚げ、醤油味のタレを絡めて白飯にのせたら完成です。カリッとジューシーな味わいと豚肉の旨味がたっぷりの料理で、ボリュームも満点な丼飯となっています。

スイーツ

豆花(トウファ)・豆漿(トウジャン)

豆花(トウファ)・豆漿(トウジャン)は台湾だけでなく、中国や香港でも良く食べられているスイーツです。豆乳が原料となっているのでヘルシーなスイーツで、日本でもあちこちに専門店ができ、行列を作るほどの大盛況です。

まとめ


いかがでしたでしょうか?今回は、自店舗に取り入れてみたい台湾料理をご紹介しました。

台湾料理には日本人に愛される理由、注目グルメ・スイーツが多数あります。そんな台湾料理をお店に取り入れて、集客アップを目指しましょう。

【無料】資金調達相談会を実施しています。資金調達相談会申し込みはこちらから。
記事のお問い合わせは
下記電話にお問合せください。

スタートゼロワン株式会社
電話番号:03-6380-3041

カテゴリー

タグ

おすすめ記事

起業・開業支援情報

起業・開業のノウハウ集
起業・開業の専門家が教えます
起業・開業 情報サイト
資金調達 情報サイト