飲食店開業のノウハウを紹介する情報サイト

飲食店開業時に中古の機器や設備を再利用するメリット・デメリットとは?


飲食店は開業後に売上が安定的に立つようになるまでの期間は耐え続けなくてはならないため、開業費用は極力抑えたいところです。そんな時におすすめなのが中古の機器や設備を再利用する方法です。

そこで今回は、飲食店開業時に中古の機器や設備を再利用するメリット・デメリットをご紹介します。

中古を購入してコストダウンを図ろう

厨房機器のみならず、調理道具、イス・テーブル、食器類、看板、装飾品など中古品を取り扱う専門の業者やオンラインショップも沢山あります。これらを上手く利用して初期費用のコストダウンを図るのも一つの方法です。

開店当初は中古品を購入しコストダウンを図り、軌道に乗ったら、新品に買い替えるという方は多数います。

 

<中古購入場所>
  • 専門店やリサイクルショップ
  • ネット通販
  • ヤフオク!などのオークションサイトやメルカリなどのフリマアプリ
【無料】飲食開業相談会を実施しています。飲食開業相談会申し込みはこちらから。

中古のメリット・デメリット

ここからは、中古のメリット・デメリットをご紹介します。

中古のメリット

価格が安いためコストを抑えられる

何といっても、新品より販売価格が安いのが中古の最大のメリットです。初期費用を抑えることによって、ランニングコストをことができます。

納品が早い

納期が早いのも中古ならではです。新品の商品には納期に時間がかかる場合もありますが、中古であれば現物がすでにあるため、早急に厨房機器を揃えることも可能です。緊急的に早急に商品が欲しい際にも役立ちます。

製造中止した機器や特注品が購入できる

生産終了した古いモデルを手に入れることが可能になります。また、以前の所有者がこだわった特注機器と出会えるのも中古品ならではです。

中古のデメリット

故障のリスクがある

一定期間使われていた機器のため、どうしても新品より故障や不具合が生じる可能性が高くなります。冷凍冷蔵庫や食洗器などのモーターを使用した機器や、複雑な厨房機器を購入する際には特に注意が必要です。鍋やフライパンなどの調理道具であれば、長年使われていても問題が起きるリスクは少ないといえます。

保証期間が短いことが多い

新品の場合はメーカー保証が1年間ついていますが、中古品の場合は3~6か月。また、保証自体がない商品も少なくありません。

代替品や修理部品が無い場合がある

購入後の不具合等で代替品を希望しても、同等商品がすぐに用意できないケースがあります。また、古いモデルでは生産終了していて、不都合が起きても部品供給が受けられず修理ができない場合もあります。

使用感がある

厨房機器は業務用ですので、ほぼ毎日のように使われている機器がたくさんあります。キズや錆び、焦げ付きなどで汚れが取れない商品もあります。ホールから厨房が見えない場合は、気にする必要はありませんが、オープンキッチンのように厨房がお客様から見られるレイアウトの場合は注意してください。

まとめ


いかがでしたでしょうか?今回は、飲食店開業時に中古の機器や設備を再利用するメリット・デメリットをご紹介しました。

中古は注意点に気を付け上手に活用すれば、コストダウンや効率アップの効果も期待できますので、中古を購入する際には、是非この記事を参考にしてみてください。

【無料】資金調達相談会を実施しています。資金調達相談会申し込みはこちらから。
記事のお問い合わせは
下記電話にお問合せください。

スタートゼロワン株式会社
電話番号:03-6380-3041

カテゴリー

タグ

おすすめ記事

起業・開業支援情報

起業・開業のノウハウ集
起業・開業の専門家が教えます
起業・開業 情報サイト
資金調達 情報サイト