飲食店開業のノウハウを紹介する情報サイト

飲食店が採用活動前にしておくべき事について解説


飲食店の経営者は、慢性的な人手を補うため、アルバイトやパート、正社員の募集をかけたいと思っている方も多いことでしょう。しかしやみくもに採用を始めた結果、なかなか応募が集まらなかったり、優秀な人材が採用できなかったりと、採用活動が思うように進まないことが多々あります。

そこで今回は、飲食店が採用活動前にしておくべき事について解説していきますので、これから採用を検討している飲食店の経営者は参考にしてみて下さい。

飲食店が採用活動前にしておくべき事とは?

飲食店が採用活動前にしておくべき事は、以下が挙げられます。

採用条件を固める

業務内容の詳細や勤務時間、必要なスキルや人物像など、採用条件を決めることが大切です。特に、必要なスキルは業務に関わることなので、明確に決めておく必要があります。また、採用担当者が複数いる場合は、認識のずれがないように条件を固めた後に共有しておくことも重要であるといえるでしょう。

採用人数を決める

また、事前に採用人数を決めることが大切です。ある程度決めておくことで、多すぎた、少なすぎたというミスが防げます。新しいスタッフを採用するということは、人件費がかかります。現在の店舗状況やシフト状況を確認し、必要な人数を決めておきましょう必要な人数がよくわからない場合は、求人サービスを通してアドバイスをもらうこともできるので、活用してみてください。

求人方法を比較しておく

求人方法を比較しておくことで、店舗にとってよりベストな方法で求人をかけることができるはずです。採用をするにあたって何らかの方法を用いますが、その方法は様々あります。多すぎてどれがよいのか悩んでいる方もいらっしゃるでしょう。事前に比較をし、店舗の規模感や採用人数に合わせて行うことで、余計なコストや時間、また手間をかけずに求人を行うことができるはずです。

面接の準備をしておく

アルバイトやパートを採用する場合は特に、一度の面接で採用の有無を判断することになります。短時間で効率的に人となりを判断するために、事前に応募者のどんな部分に注目するのか、どんな質問をするのか決めておきましょう。

【無料】飲食開業相談会を実施しています。飲食開業相談会申し込みはこちらから。

採用準備を進める上での注意点とは?

上記で飲食店で必要な採用準備について紹介しましたが、注意しておきたいこともあります。ここではどんな部分に注意するのか説明します。

他店舗の状況をチェック

採用条件を決める前に、ライバルとなる周辺店舗の条件をチェックしておきましょう。応募者がより良い条件を提示する店舗に魅力を感じるのは、いうまでもありません。時給や待遇面を比較した上で、採用条件を決めていきましょう。

採用後の準備も整えておく

スタッフの採用は、あくまでもスタート地点です。採用の準備が整ったら、採用後の準備も進めていきましょう。制服など採用後に必要となるもののリストアップや、マニュアルの用意、教育担当者の選任などをしておくことで、採用後スムーズにお店に馴染んでもらえるようになります。

応募者から選考されている

採用は応募者を見極めるものですが、応募者にとっても店を見極める機会であることを忘れてはいけません。雑な対応や高圧的な対応は、店の評価を下げることになります。採用中は自分たちも選考されているという認識を持って臨みましょう。

まとめ


いかがでしたでしょうか?今回は、飲食店が採用活動前にしておくべき事について解説しました。

採用活動をする際には事前に準備を整えることが大切になります。採用条件や採用人数などを決定し、必要な準備を整えてから採用をスタートさせましょう。

【無料】資金調達相談会を実施しています。資金調達相談会申し込みはこちらから。
記事のお問い合わせは
下記電話にお問合せください。

スタートゼロワン株式会社
電話番号:03-6380-3041

カテゴリー

タグ

おすすめ記事

起業・開業支援情報

起業・開業のノウハウ集
起業・開業の専門家が教えます
起業・開業 情報サイト
資金調達 情報サイト