飲食店開業のノウハウを紹介する情報サイト

飲食店のお悩み別に適する相談相手をご紹介


相談相手を探す際は、自分の悩みの解決に適した相手を頼ることが大切です。相談相手を間違えると、期待した結果を得られない可能性もあります。

そこで今回は、飲食店の悩み別に適する相談相手をご紹介しますので、参考にしてみて下さい。

経営者

経営の立て直し方をはじめとした経営に関する内容は、経営の経験者に相談するのがおすすめです。これまで店舗や会社を運営してきた経営者の多くは、さまざまな失敗や成功を体験しています。経験豊富な経営者から受けるアドバイスはリアルな体験にもとづいているため、参考になりやすいでしょう。

また、同じ経営者という立場なので説得力があり、自分も納得しやすいです。同じような業種で活躍している経営者に相談すると、より的確なアドバイスをもらいやすくなります。

国や行政の経営相談窓口

国や行政のサポートを受けた様々な機関が経営相談窓口を設置、専門家とも連携してワンストップサービスを提供しています。それぞれの悩みに応じたアドバイス・解決策の提示はもちろん、専門家の紹介・派遣も行ってくれます。そうした機関に登録して派遣される専門家も、実は税理士法人やコンサルティング会社の人間だったりします。専門性の高い悩みについては、そこの窓口で直接相談するという選択肢もあります。

身近に経営者や専門家がいない方、相談しても効果的なアドバイスを頂けなかった方は、国や行政機関の相談窓口を検討しましょう。
 

<おススメ経営相談窓口>
  • よろず支援拠点
  • 商工会議所、商工会
  • 独立行政法人 中小企業基盤整備機構

司法書士

起業の手続き面に疑問がある方は、司法書士に相談しましょう。司法書士は、起業に関する手続きを委任することが可能です。相談すれば疑問点を解決できるのはもちろん、必要な手続きを代理で行ってもらえます。起業の手続きは自分で行うことも可能ですが、内容に不備があり後で手間がかかってしまうと、後悔しかねません。安心して経営を始めるためにも、起業の手続きに関しては司法書士に頼るとよいでしょう。

【無料】飲食開業相談会を実施しています。飲食開業相談会申し込みはこちらから。

行政書士

「行政書士」は「行政書士法」に基づく国家資格者であり、弁護士や司法書士と同じ、法律の専門家です。行政書士は役所に提出する許認可等の申請書類の作成並びに提出手続代理、権利義務や事実証明に関する書類作成等を行う国家資格者であり、会社設立や許認可申請のサポートや企業経営に対するアドバイス等を行っています。

特に飲食店を開業する際には多岐にわたり、「飲食店営業許可(お店の管轄の保健所)」「深夜酒類提供飲食店営業の届出(警察署)」「防火対象物使用開始届出(消防署への届出)」などが必要になりますので、自分自身で行うことに問題ある方は相談するといいでしょう。

税理士

経営をしていると経費の判断基準に迷ったり、税金対策に悩んだりする場合があるかもしれません。このような税金関係の悩みは、税理士に相談することをおすすめします。税金関係の悩みは自分で解決できる場合もありますが、経営を始めたばかりの知識が浅い状態では困難なケースが多く、手探りでどうにかしようとすると、手続きの不備などのミスが発生する可能性があります。「経費で落ちるのかわからない」「税務書類作成を頼みたい」などの税金関係については、税理士を頼ってください。

なお、中には資金調達や資金繰りに関する相談を受け付けている税理士もいます。税金関係だけでなく経済面でも悩んでいる方は、探してみるとよいでしょう。

社会保険労務士

社会保険労務士の業務は、社会保険の手続き業務だけではありません。雇用管理や人材育成など、労働面の相談指導業務も行なっています。そのため、「人材育成に悩んでいる」「労働に関するトラブルが発生した」などの悩みを抱えている方にはおすすめの相談先です。また、内容や窓口によっては、無料で相談できる場合もあります。

【無料】起業相談会を実施しています。起業相談会申し込みはこちらから。

弁護士

法律に関するトラブルや裁判関係、法的な手続きや書類作成、経営再建などは弁護士に頼りましょう。法的な知識が薄い方でも、法律のプロである弁護士に相談すればスムーズに悩みを解決しやすくなります。

なお、「労働問題が得意」、「事業承継が得意」など、弁護士にもそれぞれ強みがあります。より迅速に課題を解決するためにも、自分の悩みに適した弁護士事務所を探してください。

経営相談前に確認しておきたいポイントとは?

まずは無料で相談可能な所に相談に行くといいです。どこまでが無料なのかは相談する窓口によって違います。「30分」「初回のみ」など時間や回数による制約や、無料での相談は出来ても実際にアドバイスを貰うのに費用が発生するケースなどがあります。また予約をしないと経営相談が出来ないといった窓口もあります。

そして、相談の際に書類を持参した方が効率的な課題解決を図り易いので、必要なものを確認しておいた方が良いでしょう。特に金融機関への融資相談を考えている場合は、財務諸表などを予め準備しておいた方が断然スピードは早いです。

まとめ


重要なのは、「一人で悩んでいても何も始まらない」という事です。一人では経験や知識・情報が乏しく、課題を多面的な視点で捉える事は出来ません。

無料でも相談できるところは沢山あるので、出来れば開業前に相談していると開業後もスムーズに経営することが可能になります。

【無料】資金調達相談会を実施しています。資金調達相談会申し込みはこちらから。
記事のお問い合わせは
下記電話にお問合せください。

スタートゼロワン株式会社
電話番号:03-6380-3041

カテゴリー

タグ

おすすめ記事

起業・開業支援情報

起業・開業のノウハウ集
起業・開業の専門家が教えます
起業・開業 情報サイト
資金調達 情報サイト