飲食店開業のノウハウを紹介する情報サイト

飲食店のメニュー名のつけ方のコツやキーワードについて解説


メニュー名は、食店の売上を左右する重要なポイントになります。メニュー名ひとつでオーダー数や注目度が変わることもあります。ちょっとしたアイデアやキーワードをメニュー名に盛り込むことでお客様の印象に影響し、注文するかどうかの判断基準になります。

そこで今回は、飲食店のメニュー名のつけ方のコツやキーワードについて解説していきます。

メニュー名のつけ方のコツ

日頃口にする料理には、一般的に「ビーフシチュー」「チキンライス」のように食材を使ったものや、「○○のおひたし」「○○煮」のように調理方法が使われています。飲食店や、フードデリバリー、レシピ本、レシピサイトの投稿において、思わず注文したくなる・作りたくなるポイントメニューを企画する際は、このような基本的な料理名に加え、メニューの特徴やこだわりを表す言葉を加えることがポイントです。メニュー名の付け方のコツには以下のようなことがあげられます。

  • ひと言で料理のウリが伝わること
  • 言葉から連想される味や見た目のイメージが実物のメニューと合っていること

メニューの食材・食感・こだわりなど伝えたい要素を多く詰め込みすぎると、どんなに味や見た目が完璧でもお客様の印象に残らない・料理のイメージが沸かないことから注文につながらないという可能性があります。数あるメニューに目を通し、イメージしながら注文を選ぶお客様の状況を考えると、長くても15字以内に収めるとよいでしょう。

【無料】飲食開業相談会を実施しています。飲食開業相談会申し込みはこちらから。

メニュー名に入れるべきキーワード


ここからはより具体的に、メニュー名に盛り込むべきキーワードについて解説します。

産地や鮮度を表現する言葉

「◯◯県産の豚肉」「有機農家の〇〇さんが育てたじゃがいも」など。産地・生産者名をメニュー名に入れることは、食材へのこだわりを伝えるだけでなく、お客様にとっての安心感にもつながります。また「産地直送」「今朝採れたての」という言葉を使うことで、フレッシュ感や鮮度の良さが伝わります。その他にも「夏野菜」「新玉ねぎ」「秋の味覚」「今が旬の~」など、季節・旬の食材を使っていることをアピールすることも有効です。

調理法を表現する言葉

「手作り」「自家製」という言葉を使うと、こだわりや丁寧さが伝わりやすくなります。また、「◯時間煮込んだ」「炭火で焼き上げた」「土鍋で炊いた」という表現は、じっくりと手間暇をかけている印象を与えます。

味や食感を表現する言葉

「とろーりチーズ」「ピリ辛」「肉汁がジュワッと溢れ出る」「メガ盛り」「コク旨」「シャキシャキ」「ふわふわ」など。五感を刺激する言葉を入れることでお客様の食欲をそそり、料理の味や食感も想像しやすくなります。

ボリュームや量感を表現する言葉

「1日分の野菜がとれる緑黄色サラダ」「通常の2倍ジョッキビール」「チーズかけ放題!ピザ」などボリュームや量感をメニュー名に採用してもキャッチーです。ただし通常メニューと差別化になる内容量・ボリューム感があってこその話となるため、単純に『量が多いから、たっぷり使っているから』という理由だけでネーミングすることはやめましょう。

限定感を表現する言葉

「1日30食限定」「12月限定」「幻の~」など。人は「限定」という言葉に弱く、今食べておかないと損をするという心理が働く傾向にあります。

人気・定番・看板

「人気NO.1」「当店自慢の看板メニュー」「リピーター続出の」などの表現は、特に初来店のお客様に響きやすいキーワードです。店自慢のメニューを味わってもらうことで、満足度アップやリピーターにつながる可能性も高まります。

まとめ


いかがでしたでしょうか?今回は、飲食店のメニュー名のつけ方のコツやキーワードについて解説しました。

料理によっては、ただメニュー名だけを紹介してもイメージしづらいことがあります。五感に響く言葉と組み合わせることで、料理そのものや「おいしさ」をイメージしてもらえるように工夫しましょう。

【無料】資金調達相談会を実施しています。資金調達相談会申し込みはこちらから。
記事のお問い合わせは
下記電話にお問合せください。

スタートゼロワン株式会社
電話番号:03-6380-3041

カテゴリー

タグ

おすすめ記事

起業・開業支援情報

起業・開業のノウハウ集
起業・開業の専門家が教えます
起業・開業 情報サイト
資金調達 情報サイト