飲食店開業のノウハウを紹介する情報サイト

ラーメンの定番トッピングをご紹介


これがあるかないかで、そしてどんなトッピングかで、ラーメンの味や華やかさ・豪華さ、印象が格段に変わります。

今回は、ラーメンのトッピングについて解説していきます。

ラーメンの定番トッピング

まず、ラーメンのトッピングでよく利用されるものをご紹介します。

チャーシュー

これがなければ始まらないという声も多い人気トッピングであるチャーシュー。じっくりと煮込まれ、味付けられたチャーシューは口に入れるとろけるほど。ラーメン好きな人であれば麺やスープと一緒に絶品チャーシューをいただく瞬間はまさに至福の時でしょう。まさに店のこだわりが感じられるアイテムのひとつです。

角煮

チャーシューではなく、豚の角煮をメインのトッピングとしているお店もあります。トロトロに煮込まれた角煮は女性ウケも良く、チャーシューよりもこってりとした風味にやみつきになる方も多いようです。

ねぎ

どんなにシンプルなラーメンでも、入っていることが多いトッピング1位と言っても過言ではなさそうな、ねぎ。ラーメンには欠かせない存在です。また、「ねぎ」と言っても、その中には「ねぎ山盛り」「青ねぎ」など、さまざまなこだわりがあります。

煮たまご

ラーメンのトッピングに何かもうひとつ追加したいなと思った時に、煮たまごを選ぶという人が多いようです。黄金に輝く黄身まで味がよく染み込んだ煮たまごは、それだけでご飯と一緒に食べたいほどです。半熟のとろっとした黄身にラーメンをからめて食べるのが好き、麺を食べた後のお楽しみに残しておくといったラーメンファンの声もあり、人それぞれの楽しみ方があるようです。

メンマ

昔ながらのしょうゆラーメンになるとと一緒にトッピングされていることも多く、日本人にとってメンマはラーメンのトッピングとしてスタンダードな一品です。一方で「ふにゃっとした歯触りが苦手だ」という人も少なくないようで、ラーメンのトッピングには少し好き嫌いがはっきりと分かれるのもメンマの特徴かもしれません。そもそもメンマとは加工食品の一種です。タケノコを乳酸発酵させたもので、漬物代わりに好んで食べる人も多いです。

もやし

どんなスープにもぴったりな定番のトッピングが、もやしです。簡単にかさ増しできるので、ラーメンのトッピングになりそうな具材がない時のピンチヒッターになってくれます。また低カロリーなので、ダイエット中だけどラーメンが食べたい方にもおすすめのトッピングです。

コーン

味噌ラーメンにトッピングされていることが多いコーン。特に甘味のある味わいは味噌スープとよくマッチしています。

海苔

スープを問わずどんなラーメンにも実はマッチするのが海苔です。海苔をのせたラーメンは必ずしも多いわけではありませんが、近年は店名やお店のロゴを印字した海苔を使うラーメン店が増えてきています。

紅しょうが

豚骨ラーメンにトッピングとして使用されていることが多い紅しょうが。スープにも紅生姜の味が溶け込むと、また違った味わいになります。

ゴマ

そのままでも、すっても美味しいゴマ。これもまた九州の豚骨ラーメンのトッピングとしてよく使われています。香ばしいゴマの風味は濃厚なスープによく合うことから、中にはスープが隠れるくらいたっぷりすりおろしたゴマをかけるという方もいます。またビタミン類を多く含むなどの栄養価の高いことでも有名です。

おろしにんく

男性からの圧倒的な支持を受けていたおろしにんにくのトッピング。ちょっとスープに飽きてきた、ここらで味をガツッと変化を付けたいという方がおろしにんにくを入れて楽しむ人が多いです。

【無料】飲食開業相談会を実施しています。飲食開業相談会申し込みはこちらから。

ラーメンの種類別定番トッピング

スープとトッピング、お互いを引き立てあう組み合わせにはある程度法則性があります。まずはラーメンの種類別定番トッピングを把握し、そこからお店のオリジナリティを見つけていきましょう。

醤油ラーメンのトッピング

醤油スープはラーメンのオールドスタイルに最も近く、子どもからお年寄りまで愛される味です。トッピングも、チャーシューにメンマやナルトといった、多くの人が想像する「ラーメンの具」のイメージに最も近いのもこのタイプです。

塩ラーメンのトッピング

あっさりとした塩ラーメンにはワカメやコーン、コクをプラスするバターなどをトッピングする場合が大半です。また、キャベツやもやし、豚肉を用いた野菜炒めをのせるお店も多く、比較的トッピングの種類は控えめな傾向にあります。しじみなどの出汁を使った塩ラーメンだとそのままトッピングとなりますね。

味噌ラーメンのトッピング

コクのある味噌ラーメンには、アッサリとした食材を合わせるパターンが大半です。モヤシや白髪ネギといった野菜をどっさりと盛るパターンが多く、そこに定番のチャシューやメンマをのせたり、コーンを加えているものも頻繁に見かけます。さらにコクをプラスためにバターをのせることもありますが、好みの分かれる風味になるため追加トッピングになっているお店も多いですね。

豚骨ラーメンのトッピング

現代のラーメン店において、豚骨スープは最も多く見かける味付けです。中でも豚骨醤油をベースとした「家系ラーメン」の勢いは目を見張るものがあります。家系ラーメンはライスをセットにすることも多く、スープの染みた海苔をごはんにのせて食す様式が一般的なことから、トッピングの海苔は欠かせないアイテムです。その他のトッピングは肉を主体とした食べ応えのあるものが多く、ほうれん草や菜の花といった緑の葉物野菜が加わる場合もあります。

一方、「博多豚骨ラーメン」においてはチャーシューにネギだけといったシンプルなトッピングも多く、そこに卓上に備え付けられた紅ショウガ等を用い、お客様のお好みの具材を足してもらうパターンが散見されます。

まとめ


いかがでしたでしょうか?今回は、ラーメンのトッピングについて解説しました。

ラーメンのトッピングはビジュアルのインパクトを高めるだけでなく、そのラーメンのコンセプトを分かりやすくアピールできる大切な要素でもあります。今回は定番のトッピングをご紹介しましたが、変わり種ラーメンは話題になりやすいため、ぜひオリジナリティ溢れるトッピングを考案してみましょう。

【無料】資金調達相談会を実施しています。資金調達相談会申し込みはこちらから。
記事のお問い合わせは
下記電話にお問合せください。

スタートゼロワン株式会社
電話番号:03-6380-3041

カテゴリー

タグ

おすすめ記事

起業・開業支援情報

起業・開業のノウハウ集
起業・開業の専門家が教えます
起業・開業 情報サイト
資金調達 情報サイト