飲食店開業のノウハウを紹介する情報サイト

Web面接システムとは?おススメのWeb面接システムをご紹介


採用活動面について、オンライン化が進んでいます。オンラインの採用活動をより効率化するために、Web面接専用システムを導入するという選択肢があります。

今回は、Web面接システムとは?おススメのWeb面接システムをご紹介していきます。

Web面接システムとは?

Web面接システムとは、インターネット回線を利用し、PC(パソコン)やスマートフォン、タブレットなどから応募者との面接・面談をWeb上で行うシステムです。

これまでの採用活動では、応募者が企業に行く必要があったり、あるいは採用担当者が社外の面接会場に出向く必要がありましたが、ZOOMやSkypeなどのビデオ通話サービスが普及したことで、企業でも導入されるようになりました。

Web面接システムを導入することで、応募者は自宅や外出先で、採用担当者は自席にいながら面接を行うことができます。海外や地方の人材にアプローチできるため、より優秀な人材の採用につながると、近年導入企業が増えています。

Web面接システムのメリット

移動コストなどの削減に繋がる

Web面接を実施すると、応募者は自宅などの好きな場所で面接を受けることが可能です。Web面接というと応募者の負担が少なくなるイメージがありますが、企業側のコスト削減にも貢献しています。店舗展開している企業であれば、採用担当者が面接のために本社から店舗を訪れることもあります。採用担当者は移動中に業務を行うことが難しいため、Web面接を活用することで移動時間も削減可能です。

地方採用ができる

Web面接システムを導入すると気軽に面接ができるため、地方や海外に住む優秀な人材を採用できるというメリットがあります。遠方に住んでいる求職者は、数回にわたって面接会場に足を運ぶことが難しいと感じる場合も多く、応募自体を諦めてしまうことが少なくありません。全国に拠点を持つ企業では、IターンやUターンを希望する求職者の増加に伴い、人材の確保に課題を抱えている場合もあるでしょう。

Web面接が可能な場合、応募に対するハードルが下がるため、応募者数の増加が期待できます。またIターンやUターンを希望する優秀な人材を逃すこともなくなるでしょう。遠方に住む求職者との出会いの幅を広げ、優秀な人材を確保するためには、Web面接システムが不可欠です。

面接の動画を共有で効果的な選考を行える

Web面接ツールによっては面接の内容を録画することができます。録画した面接内容を採用部門で共有することで、面接を担当者の主観ではなく客観的な視点で判断可能になります。その為、企業が望む人材を採用しやすいといったように効果的な選考を行うことが可能になってきます。

Web面接システムのデメリット

コミュニケーションが取りにくい

Web面接システムのデメリットには、対面に比べてコミュニケーションが取りにくいという点が挙げられます。画質や音声のズレによって話すタイミングが掴みにくいなど、まだまだ課題があります。

通信環境に左右されやすい

Web面接は、インターネットの通信環境に大きく依存しています。電波が弱ければ、通信が途切れてしまうかもしれません。企業側はなるべく安定した通信環境を整えることが求められます。Web面接を行う応募者に対しては、なるべくネット環境が安定しているところで接続するように依頼することが大切です。

セキュリティ面で不安

アカウントを共有するタイプのWeb面接であれば、個人情報の観点から不安視されやすいです。ほかにもIT関連に詳しい人であれば、オンラインでのやり取りが盗聴されていないかを気にする人もいます。セキュリティ対策が万全でない場合、音声・映像データなどの通信を盗聴される可能性は否定できません。このような課題を解決するためには、URL共有型であり通信を暗号化できるシステムを使うと良いでしょう。

【無料】飲食開業相談会を実施しています。飲食開業相談会申し込みはこちらから。

おススメのWeb面接システム5選

ここではおススメのWeb面接システムを紹介します。

HARUTAKA(ハルタカ)


HARUTAKAは株式会社ZENKIGENが提供しているクラウド型のWeb面接システムです。全ての規模に対応しており、採用力を強化したい企業におすすめです。録画面接機能とライブ面接機能を併せ持ち、工数を大幅削減が可能で、テキスト設問を設定し、設問に答える動画で選考もできます。

また、Web上のトラッキングデータの解析により採用精度が向上します。応募者側ではアプリダウンロードが不要で、ナビゲーションに従って回答するだけで面接に参加可能なため、負担が少なくすることが可能です。

FaceHub(フェイスハブ)


FaceHub(フェイスハブ)は、FacePeer株式会社が提供しているソフトのインストールやアカウント作成の必要がないブラウザ型のWeb面接システムです。ビデオ面接中にチャットも行え、ファイル送信も可能。ダッシュボードによる管理機能が標準搭載されるほか、面接の録画、ログ保存、画面共有、キャプチャなどのオプションも用意され、企業規模や状況に応じて適切な料金プランを選択できます。

BioGraph(バイオグラフ)


BioGraphは株式会社マージナルが提供しているクラウド型のWeb面接システムです。全ての規模の企業に対応しており、コストを抑えて導入したい企業にもおすすめのシステムです。さまざまな機能が備わっており、中には面接前の事前動作検証機能や、リマインダー機能、エクセルを用いた一括面接登録機能など、Web面接をさらに効率化する機能もあります。

応募者側の利用登録は不要で、専用アプリをインストールするだけで簡単にWeb面接が実施可能。面接前の負担軽減につながります。また、シンプルな画面設計なので、採用担当者も使いやすいシステムです。

インタビューメーカー


インタビューメーカーは株式会社ブルーエージェンシーが提供しているクラウド型のWeb面接システムです。100名以上の企業に対応しており、採用に関する課題を解決したい企業におすすめです。Web面接に特化した採用管理システムで、選考結果などのデータをシステム内で一元管理可能なため採用の効率化を図ることができます。

Web面接以外にも録画した動画を使った録画面接機能も充実しており、多彩な選考方法を実践可能で、応募者増加に貢献することができます。また、求人広告の管理も同一システムで編集可能なシステムです。

SOKUMEN(ソクメン)


SOKUMENは株式会社マルジュが提供しているクラウド型Web面接システムです。即面接機能や日時や求職者の連絡先をSOKUMENに入力するだけで応募者に案内が届く機能など、Web面接開催の簡単さが強みのシステムです。

採用分析機能やSPI連携などの機能を減らすことで初期費用0円・月額19,800円という低価格を実現します。Web面接を低コストではじめたい企業におすすめです。

Web面接システムでの面接実施時の注意点

いくら対面しないからといって、面接にふさわしい服装や髪型、マナーを心がけましょう。身だしなみや態度に油断した部分があると、それも相手に伝わってしまうのです。自社のイメージをしっかりと応募者にアピールする意味も含め、相手に対して失礼のない服装とマナーで面接に臨む姿勢が求められます。そして、面接に集中する為に、出来れば個室を用意し、余分なものや環境音をシャットアウトする気配りが必要です。

最後に、Web面接の当日に問題が発生しないよう、システムや通信環境のチェックなどを事前に行っておきましょう。相手の時間を取っていますので、通信障害による面接の遅れは避けなければいけません。

まとめ


いかがでしたでしょうか?Web面接システムのメリットデメリットやお勧めのWeb面接システムを紹介しました。この新型コロナウイルスの影響で、今後も従来の対面による面接形式が難しくなる環境が続く可能性があります。

Web面接システムは、時間と場所の制約から解放されるためさまざまな効果を得ることが可能です。しかし、Web面接の実施にはいくつかの課題があることも覚えておきましょう。

記事のお問い合わせは
下記電話にお問合せください。

スタートゼロワン株式会社
電話番号:03-6380-3041

カテゴリー

タグ

おすすめ記事

起業・開業支援情報

起業・開業のノウハウ集
起業・開業の専門家が教えます
起業・開業 情報サイト
資金調達 情報サイト