飲食店開業のノウハウを紹介する情報サイト

「エリアマーケティング」とは?飲食店のエリアマーケティングの活用シーンご紹介


エリアマーケティングという言葉をご存知でしょうか?飲食にとって、もし自店舗の商圏のユーザー、しかも自店舗のお客様になり得るユーザに対して広告・販促をすることができれば、とても効率が良い集客施策となります。

そこで今回は、エリアマーケティングについてや飲食店のエリアマーケティングの活用シーンご紹介します。

そもそもエリアマーケティングとは?

エリアマーケティングとは、その言葉通り特定の地域や地区である「エリア」に特化した「マーケティング」のことです。これから店舗を出そうと考えている人や、現在店舗を経営している人にとって出店している地域のお客さんにどれだけ来てもらえるかが勝負になります。そこで有効な手段がエリアマーケティングです。

地域を限定したエリアマーケティングは、CMなどのマスマーケティングよりも地域の特性を考慮してより具体的に戦略を実行できます。エリアマーケティングでは、いかに地域の特性に合わせたマーケティングが行えるかがポイントになります。

【無料】飲食開業相談会を実施しています。飲食開業相談会申し込みはこちらから。

飲食店でのエリアマーケティングの活用シーン

具体的に、飲食店ではどのようにエリアマーケティングを活用すればいいのでしょうか。ここでは、飲食店のエリアマーケティングの活用シーンを紹介します。

出店計画・店舗開発

もっとも基本となるエリアマーケティングの活用方法が出店計画・店舗開発です。新たに出店するにあたり、エリアマーケティングは絶対に欠かせないと言えるでしょう。仮に、近隣住民をターゲットにした「価格が安い大盛りラーメン」が看板メニューのラーメン店とした場合、ターゲットは比較的若い独身サラリーマンや学生となるでしょう。それなのに、女性やお年寄りが多い地域、女子高や女子大が集まるような地域に出店したらマイナスになってしまいます。

販促計画・販促効果向上

飲食店の場合、販促のために新聞折込チラシや、ポスティングを活用しているケースも少なくないです。効果的に販促を行うには、やはりエリアマーケティングが必要となります。エリアマーケティングすることで、どのような属性の人がその地域で暮らしているかを把握できます。若い女性をターゲット層とする、オシャレなカフェのチラシを、お年寄りや男性が多く住む場所に配布しても効果は低いです。販促効果を高めるためにも、商圏を把握し、適切に新聞折込やポスティングを行う必要があります。

顧客情報把握

エリアマーケティングをすることでかなり深い顧客情報が把握できます。エリア内の男女比、年齢層、世帯構成、世帯年収、典型的なライフスタイルといったことも把握できます。顧客情報を把握できれば、需要の有無はもちろん、行動特性も見えてきます。お店のブランディングもしやすくなり、販促をより効果的な方法で行うことが可能になります。

まとめ


エリアマーケティングはエリアに限定した販促活動です。より効果的に広告戦略を行っていく上では、現状把握と商圏分析が重要になってきます。店舗の売上を上げるために重要な施策になりますので、今回ご紹介したポイントを押さえて、エリアマーケティング行ってみましょう。

【無料】資金調達相談会を実施しています。資金調達相談会申し込みはこちらから。
記事のお問い合わせは
下記電話にお問合せください。

スタートゼロワン株式会社
電話番号:03-6380-3041

カテゴリー

タグ

おすすめ記事

起業・開業支援情報

起業・開業のノウハウ集
起業・開業の専門家が教えます
起業・開業 情報サイト
資金調達 情報サイト