飲食店開業のノウハウを紹介する情報サイト

飲食店の看板デザインで気をつけるべき点について解説


飲食店の看板はお店の「顔」であり、店舗の雰囲気を伝える宣伝ツールですが、看板のデザインは数多くありますので、新しい看板の制作を検討されている方にとっては、「どんなデザインにしたらよいかわからない」と悩む人も多いかと思います。

そこで今回は、飲食店の看板デザインで気をつけるべき点について解説していきます。

飲食店でよく使用される看板のタイプ

看板には、壁面に取り付けるもの、路上に置くものなど、いろいろなタイプがあります。看板ではないけれど、看板のような役割を果たすアイテムもあるので、あわせて活用しましょう。ここでは飲食店でよく使用される看板のタイプをご紹介します。

  • スタンド看板
  • 突出し(袖)看板
  • 壁面看板
  • 野立看板
  • 垂幕
  • テント看板
  • のぼり旗    など

上記のように看板にはいろいろなタイプがありますが、集客効果をアップさせるために、設置できるものはすべて設置しましょう。それぞれの看板タイプの詳細や予算感については以下の記事からご確認ください。

(参考記事)【飲食店開業】店舗用看板のタイプをご紹介

【無料】飲食開業相談会を実施しています。飲食開業相談会申し込みはこちらから。

飲食店の看板デザインで気をつけるべき点について

では飲食店の看板デザインを決める際に気をつけるべき点についてお知らせします。

お店の雰囲気が伝わるデザイン

入店した際の雰囲気が伝わるようなデザインであれば、看板をきっかけにお店自体へ興味をもつ方が増えていきます。そのためアイキャッチとなるようなアイコンやコンセプトなどを入れるとよいでしょう。

読みやすさを優先する

実はデザイン性を重視するあまり、埋もれてしまっている看板は多くあります。せっかく作るのであればお洒落な看板にしたい気持ちは分かりますが、目立たなかったり、文字が読めなければ看板を設置する意味がありません。店舗の看板のデザインにおいては、誰もが読める文字や書体で、文字と文字の感覚を1文字の20%ほど空けることが大切です。

写真やイラストを使ってわかりやすくまとめる

メニュー看板はつい文字数が多くなりがちですが、文字は通行人の目に止まりにくいため工夫が必要になります。中には商品名から実物が想像しにくいものもあるため、写真などの視覚的にわかりやすい物を入れるようにしましょう。

光を有効的に使う

飲食店の場合、夜間に営業するお店も多く、暗い通りではお店の視認性が下がってしまいます。だからこそ光をうまく使い、お店の雰囲気を演出しましょう。スポット照明や間接照明などの照明と組み合わせて、よりよい色口を作ってみてはいかがでしょうか。

周囲の風景と同化させない

自分のお店の看板を目立たせるには周囲のお店をよく観察し、紛れないように工夫する必要があります。一番いいのは大きさで目立つことですが、難しい場合は他店の看板の形や色をチェックし、反対色や異なる形の看板を設置しましょう。

まとめ


お客さんが看板を目にする時は、歩いてるときにふと目に入ったり車で通ったときに見かける程度であり、この一瞬に認識してもらえるかどうかが肝心です。「ここにこんなお店があったんだ」と認識してもらうの看板の目的ということを忘れらないようにしましょう。またデザインに凝るのもいいですが、それは読みやすさや見やすさが確保されて初めて成り立ちます。せっかく予算をかけて看板を制作するのですから、集客ツールとして使えるものにしましょう。

【無料】資金調達相談会を実施しています。資金調達相談会申し込みはこちらから。
記事のお問い合わせは
下記電話にお問合せください。

スタートゼロワン株式会社
電話番号:03-6380-3041

カテゴリー

タグ

おすすめ記事

起業・開業支援情報

起業・開業のノウハウ集
起業・開業の専門家が教えます
起業・開業 情報サイト
資金調達 情報サイト