飲食店開業のノウハウを紹介する情報サイト

【飲食店経営者必見!】季節別の旬の食材をご紹介


日本には春夏秋冬と四季があり、季節に応じて旬の食べ物を味わうことができます。飲食店においても旬の食材を取り入れたメニューを取り入れれば、お店の宣伝や顧客満足度アップにもつながります。

そこで今回は、季節別の旬の食材をご紹介していきます。

旬の食材にはどんなメリットがあるのか?

現在、ハウス栽培など栽培技術が発達した日本では、年中いつでも食べられる食材が増えてきました。しかし、四季それぞれに応じた食材を楽しむ文化は昔から存在し、今でもその考え方は受け継がれています。旬の食材を味わうということには、季節の移り変わりを感じられるだけではなく、以下のようなメリットもあります。

  • 食材が多く収穫できるので比較的価格が安くなる
  • 栄養価が高い
  • 新鮮でおいしさが増す

食材によっては栄養価には大きな差がある場合もあります。その差を考慮して、季節の食材を積極的にとり入れたメニューを心がけていきたい所です。

【無料】飲食開業相談会を実施しています。飲食開業相談会申し込みはこちらから。

季節別旬の食材をご紹介

ここからは、春夏秋冬別の旬の食材をご紹介します。

【春】季節別旬の食材

春を旬とした食材において、魚は脂がたっぷりとのっているほか、野菜はビタミンA・B・Cなどのビタミン群や苦み成分となるアルカロイド・タンニンなどを多く含んだものが多いことが特徴です。ビタミン群は肌や粘膜の調子を整え、春の時期に流行る花粉症などの症状を緩和する効果があるほか、アルカロイドなどは肝臓の働きを活発にしてくれる効果があり、お酒の飲み過ぎによる肝臓へのダメージも緩和してくれます。

春の旬食材ですが、魚に関してはサワラ、アオリイカ、カツオ、タコなどが旬です。

野菜に関しては、タケノコ、タマネギ、キャベツ、フキなどといった野菜が旬の食材になっています。いずれも旬でない季節よりも栄養が豊富につまっているほか、玉ねぎは疲労回復、フキは食物繊維による整腸効果などそれぞれの食材が独自の健康効果を持っています。

【夏】季節別旬の食材

夏が旬の食材の魚は旨味が通常よりも強くなっており、野菜はカリウムやビタミンCなど夏の暑さ対策となるような栄養素が豊富になっている点が特色です。カリウムは汗とともに排出される成分で、大量の汗をかきやすい夏には特に不足しやすい栄養素です。

低カリウム血症として「夏バテ」の要因になることもあり、トマトなどカリウムを多く含む夏野菜は低カリウム血症による夏バテを緩和・防止してくれる効果があります。またピーマンやニガウリなどが多く含有するビタミンCは、その抗酸化作用から夏に一層強くなる紫外線の毒性を弱め、日焼けなどを緩和する働きがあり、夏の紫外線対策にチョイスしたい食材といえるでしょう。

魚に関してはアジ、鮎、アワビ、太刀魚などの魚が旬です。野菜においてはピーマン、トマト、ナス、キュウリなどといった野菜が旬とされています。

【秋】季節別旬の食材

秋が旬の食材は、野菜は食物繊維やカロテンが豊富なほか、海産物に関しては普段よりも大幅に旨味が増しているのが特徴です。食物繊維は整腸作用のほかにコレステロールの吸収抑制や食後の急激な血糖値上昇の緩和効果があるともいわれており、冬の健康対策に取り入れたい栄養素といえます。ほかにカロテンは冬の乾燥からなる刺激から肌・粘膜を保護してくれる働きがあり冬場における肌のケアにも適しています。

魚に関してはカレイ、タイ、ウツボ、サンマなどの魚が旬であるほか、野菜ではごぼう、にんじん、さつまいも、しいたけなどといった食材が旬となっています。

【冬】季節別旬の食材

冬に旬の食材は個性的なものが多く、ジアスターゼをふんだんに含むカブや豊富なミネラル・ビタミンをバランスよく備えたホウレンソウなどさまざまな野菜があるほか、魚に関しても脂がたっぷりとのっているために旨味が非常に強くなっているという点があげられます。ジアスターゼとは酵素の一種で、消化を助ける働きがあり、消化酵素役として医薬品化もされている成分です。旬の魚としてはアナゴ、ヒラメ、ブリ、なまこといったものが挙げられます。

野菜に関してはカブ、ホウレンソウ、白菜、ブロッコリーなどが旬とされています。

まとめ


冒頭でもお知らせしましたが、日本は特徴的な四季を感じられる国です。海と山に囲まれた島国だからこそ季節の食材を楽しむことができます。旬を迎える食材には多くのメリットがあるということを心に留めて、積極的にメニューにとり入れてみてください。

【無料】資金調達相談会を実施しています。資金調達相談会申し込みはこちらから。
記事のお問い合わせは
下記電話にお問合せください。

スタートゼロワン株式会社
電話番号:03-6380-3041

カテゴリー

タグ

おすすめ記事

起業・開業支援情報

起業・開業のノウハウ集
起業・開業の専門家が教えます
起業・開業 情報サイト
資金調達 情報サイト