飲食店開業のノウハウを紹介する情報サイト

【飲食店】アイドルタイムの有効活用方法とは?


飲食店では、お客様が集中するピークタイムもあれば、アイドルタイムと呼ばれるお客様の数が少なくなる時間帯があります。当然、ピークタイムに集中して売り上げを伸ばす事を考えますが、アイドルタイムも有効活用すれば、より売り上げを稼ぐことも可能になります。

そこで今回は、飲食店におけるアイドルタイムの有効活用方法について解説していきます。

アイドルタイムとは?

上記でも記載しましたが、飲食店のアイドルタイムは、来客数が少なく、人手が余りやすい時間帯のことを指します。来客数や回転率が下がるため、準備中やスタッフの休憩時間に充てる店舗が多いでしょう。

またお客様が少ない閑散時や無作業になるアイドルタイムですが、業態によって時間帯は変わります。
 

◆業態別アイドルタイム例
  • レストラン:15:00~17:00
  • カフェ:13:00~15:00
  • 居酒屋:17:00~19:00

レストランを利用する多くのお客様は食事が目的ですから、ランチやディナータイムはとても混み合いピークタイムを迎えます。それ以外の時間帯ではお客様の数が減る傾向にあり、特に15:00~17:00のあいだはアイドルタイムになります。

カフェの場合はレストランのように食事をメインとするお客様がいるほか、軽い食事やコーヒーを飲むために利用する場合も多く見られます。そのため、ランチタイムにピークタイムを迎えたのち、13:00~15:00の時間帯はアイドルタイムになるのが一般的です。

居酒屋はピークタイムやアイドルタイムが読みにくい業態ですが、基本的にオープン~19:00付近がアイドルタイムと言われています。一般的な居酒屋のターゲット層は仕事帰りの勤め人ですから、仕事を終えてお店に向かうのが19:00を回ってしまうのは仕方がないことです。

昼も夜も営業している場合、営業時間を分け、アイドルタイムは店を閉めていることが多い傾向にあります。

【無料】飲食開業相談会を実施しています。飲食開業相談会申し込みはこちらから。

アイドルタイムの有効活用方法とは?

ここからは、アイドルタイムの有効活用方法についてお知らせします。

店のスペースを貸し出す

レンタルスペースとして貸し出すだけでなく、店内で空いている席や空間をコワーキングスペースとして開放するのも有効的な活用方法です。他にも、休業日にまるごと店を貸し出す「間貸しビジネス」や撮影などの用途で貸し出す「ロケーションサービス」などの形態もあります。

来店を促す施策を取る

通常のピーク時ではなく、アイドルタイムに来店することがメリットと感じられるような工夫も効果的です。アイドルタイム限定の割引クーポンの発行、割引メニューなどでお得感を演出することで来店を促します。

清掃や仕込みをする

飲食店におけるアイドルタイムの使い方で最も一般的なのが清掃です。開店前に店内をきれいにしたつもりでも、開店準備が忙しく十分に清掃できていないケースがあります。閉店後は早く帰りたい気持ちが強くて清掃が行き届かないときもあるでしょう。アイドルタイムなら、営業中の程良い緊張感のなかで店内の汚れをチェックでき、清掃もきっちりできます。各テーブルのカスターセットの補充と合わせて店内をチェックしてみましょう。

また、アイドルタイム中の大事な仕事がメニューの仕込みです。ピークタイムで品薄になった在庫をチェックして必要に応じて発注したり、食材の下ごしらえや調味料の補充をしたりなど、アイドルタイムはお客様が少ないからこそできることがたくさんあります。

社員の育成をする

とくに外から店内が見える店舗では、客数が少ないことを利用してパフォーマンスも兼ねた有効活用も良いでしょう。店内で社員同士がお客様になりきってロールプレイングをおこなうなど、教育や育成の時間にするのも良いかもしれません。

業態を変えて営業する

飲食店は一日中ひとつの業態で営業を続けなければならないという決まりはありません。日中は喫茶店として営業していたのに、夕方からは居酒屋やバー、スナックなどに業態を変えるお店もあります。このようなお店では、喫茶店を夜まで営業しても集客が難しいため、業態を変えてお酒を提供して利益につなげているケースが多いようです。この営業手法で重要なのは、昼と夜の営業で変化をつけることです。証明の明るさやBGM、スタッフの制服などを変えるだけでも、お客様には別の店舗に来たような新鮮な印象を与えられます。

また、昼はそば店で夜はそば居酒屋に業態を変えるなどの方法もあります。夜の営業ではお酒とつまみで売上が上がることに加え、締めにそばを食べて帰るので、昼の営業と同じ客数でも大幅に客単価が上がったという事例も見られます。

新メニュー、サービス、キャンペーンを考案・準備する

アイドルタイムはスタッフ全員に余裕が生まれる時間です。そのタイミングを利用して、新しいメニュー・サービス・キャンペーンなどを考案することができます。最も顧客の声を間近で聞いている現場スタッフの意見を取り入れることも出来ますので、経営者目線だけでなく顧客目線のアイディアが生まれやすくなります。そして、考案した施策を実施する時の準備時間にアイドルタイムをあてることもできます。

まとめ


アイドルタイムは客足が遠のき、売り上げが落ちることから、なるべくこの時間帯を有効活用したいと考える経営者も多いでしょう。他の時間帯の売り上げで、アイドルタイムのロスをカバーしているお店もあるかもしれません。

しかしながら、アイドルタイムのように売り上げが少ない時間帯にも、人件費や水道光熱費は発生しています。安定した飲食店経営を行うためには、アイドルタイムで売り上げを伸ばすことと同時に、アイドルタイムにかかる経費を無駄にしない対策が必要になってきます。

【無料】資金調達相談会を実施しています。資金調達相談会申し込みはこちらから。
記事のお問い合わせは
下記電話にお問合せください。

スタートゼロワン株式会社
電話番号:03-6380-3041

カテゴリー

タグ

おすすめ記事

起業・開業支援情報

起業・開業のノウハウ集
起業・開業の専門家が教えます
起業・開業 情報サイト
資金調達 情報サイト