飲食店開業のノウハウを紹介する情報サイト

飲食店のテイクアウト時の接客ポイントについて解説


新型コロナウイルス感染拡大防止のため、飲食店でのテイクアウト需要が高まっています。そんな中、店内で提供するサービスとテイクアウトでのサービスでは勝手が違うこともあり、接客の仕方も工夫しなければいけません。

そこで今回は、テイクアウトサービスでの接客のポイントについて解説していきます。

飲食店のテイクアウト時の接客ポイント

テイクアウトの場合、これまでイートインで行っていたサービスとは異なる点が多くあります。飲食店のテイクアウト時の接客ポイントについて説明します。

まずは感染症対策の徹底

お客様の中には、感染症対策のためにテイクアウトを利用した、という方も多くいらっしゃるはずです。店頭にアルコール消毒を置くのはもちろんですが、スタッフがマスクや手袋の着用をするなど、感染対策を怠らないようにしなければなりません。感染症対策の必要性はテイクアウトに限ったことではありませんが、短い接触にもしっかりと気遣うことが大切です。

注文時の接客ポイント

できるだけ密集や接触を避けるためにも、インターネットや電話で注文を受け付けられるようにしておきましょう。受け付ける際は、注文商品と数量に加えて、引き取り希望時間をしっかりと確認します。これらを確認することで事前に準備でき、滞在時間の短縮につながるほか、出来立ての商品を提供することができます。

商品お渡し時の接客ポイント

消費期限や保管方法、また食べ方を間違ってしまうと、食中毒を起こしてしまう可能性があります。そのため、注意点や食べ方のコツをきちんと伝えることも、テイクアウトの接客において重要なことです。一番おいしい状態で食べていただくことで、顧客満足度の向上や、リピート率の向上にも繋がるでしょう。

【無料】飲食開業相談会を実施しています。飲食開業相談会申し込みはこちらから。

容器に気を遣う

直接的な接客以外にも、容器に気を遣うということも間接的な接客ポイントとなります。 以下に着手し、容器を選ぶことをおすすめします。

  • 電子レンジ利用可能
  • 持ち運びやすさ
  • こぼれない密閉容器

お客様が退店~目的地で実際に食べるまでを想定し、最適な容器を選びましょう。

会計での接客ポイント

現金は多くの人が触るため、キャッシュレス決済にも対応できるようにしましょう。店舗の外で対応するには、端末を持ち歩ける「スマホ決済」が最適。ただし、インターネット回線がある環境でなければできないので、注意が必要です。

待ち時間にも気配りをする

テイクアウトを導入するうえでネックになりがちなことが、お客様にお料理を提供するまでの待ち時間です。天候や季節によっては、待ち時間が長くなってしまうことで、お客様に負担をかけてしまうことがあるかもしれません。なるべく待ち時間を少なくするよう対策を取ったり、待ち時間専用のスペースを設けたりすることも重要です。

まとめ


店内飲食(イートイン)とテイクアウトは形態が異なりますが、お客様にとっては同じ飲食体験です。限られた時間の接客で好印象を持ってもらえれば、リピーターの獲得や店内飲食の利用につなげることも期待できます。

テイクアウトならではの接客ポイントを押さえて、お客様が気持ちよく利用できるサービスを提供しましょう。

【無料】資金調達相談会を実施しています。資金調達相談会申し込みはこちらから。
記事のお問い合わせは
下記電話にお問合せください。

スタートゼロワン株式会社
電話番号:03-6380-3041

カテゴリー

タグ

おすすめ記事

起業・開業支援情報

起業・開業のノウハウ集
起業・開業の専門家が教えます
起業・開業 情報サイト
資金調達 情報サイト