飲食店開業のノウハウを紹介する情報サイト

【飲食店開業】融資審査をプラスにする貯金方法とは?


飲食店を開業する際、多額の資金が発生しますので、金融機関などの融資に頼るケースが多いです。そして融資を受ける場合、自己資金がいくらあるかは大変重要なポイントになります。融資制度によって、自己資金額割合の要件が低いものから高いものまでありますが、いずれにしても自己資金は多いに越したことはありません。

そこで今回は、融資審査をプラスにする貯金方法について解説していきます。

融資における自己資金の定義とは?

結論から言うと、自己資金とは『誰にも返す必要がないお金』です。自分の給料から少しずつ、蓄えたお金や、返済義務がない親族からの支援金は自己資金とみなされます。

一方で、借金をして手に入れたお金は、自己資金とはいいません。いつか返さなければならないからです。親族から渡されたお金であっても、親族が明確に贈与の意思を示していなければ自己資金とはみなされない可能性があります。いつか親族から返済を求められるかもしれないからです。たとえ、形式的に贈与契約書があっても、親族の財務状況が悪ければ、将来、返してくれと言われるかもしれないので、自己資金とはみなされないこともあります。「返さなければならないか否か」が判断の分かれ目になってきます。

融資担当者は自己資金をどのように確認するのか?

法人、個人事業主とも預金通帳で確認します。

個人事業主の場合、個人事業用と家計用で分けている場合、両方とも確認します。おおよそ1年くらい遡って確認しますので、記帳していない場合は予め記帳しておきましょう。

法人の場合、法人の通帳と、代表者個人の通帳を確認します。通帳の確認するポイントですが、通帳の残高の動きはもちろんですが、以前仕事をしていた会社からの振り込み状況や過去の取引状況、公共料金や税金の支払いをしているかなど細かくチェックします。

【無料】飲食開業相談会を実施しています。飲食開業相談会申し込みはこちらから。

融資の審査が通りやすい通帳と通りにくい通帳について

同じ額が貯金されている通帳でも、どのようなプロセスで貯金されたものなのかによって、審査員の印象には違いがあります。

半年前の時点ですでに資金が蓄えられており、それ以降も徐々に増えているような通帳であれば、審査員は「この人は開業資金を貯めるためにコツコツ貯金をしてきた人なのだな」と認識します。反対に、半年前の時点では貯金がほぼない状態で、直近にまとまった額が入金されているような通帳では、「計画性のない人」と判断されてしまうのです。

ちなみに結婚されている方であれば、配偶者の貯金通帳も審査の対象にすることができます。もちろん、必ず提出しなければいけないわけではありませんが、もしも配偶者の方がコツコツ貯金を貯めてきた方であれば、絶対にその通帳を提出した方が良いでしょう。審査の上で加点される可能性があります。

(参考記事)融資を受ける場合『預金通帳』のチェックは必須!?

積立貯金で融資審査をプラスにしましょう

飲食店を開業したいと思いたったら、まずは、積立貯金から始めてみましょう。たとえば毎月の給料のなかから5万円ずつ貯蓄してきたなど通帳上で預金額が徐々に増えているのをみせることで、飲食店開業に向けてしっかりと準備してきた点をアピールでき、金融機関の担当者に事業に対する熱意や計画性を評価してもらえます。

コツコツと貯金を貯めている人の中には、金融機関に預けず、自宅でタンス貯金をしているという方もいらっしゃるかもしれません。その場合、融資を受ける段になって一気に入金することになります。つまり、貯めていく過程が通帳に残らないため、自分のお金であることの証明ができず、一時的に借金をした“見せ金”と疑われてしまう可能性もあるというわけです。やはり融資獲得のためには、通帳に記録が残る形で貯金をするのが望ましいと言えます。

法人の資本金は自己資金として認められるのか?

法人を設立した場合、資本金も自己資金として認められると考える方が多いです。すべてご自身が貯めてきたお金を資本金に充てた場合は、自己資金として認められます。ただし、誰かから一時的にお金を借りて資本金として登記し、登記が終わりそのお金を返してしまった場合には、通帳上にお金がありませんので自己資金とは認められません。

たとえば、資本金100万円で会社設立した場合に、資本金を全額自分で出資して、それ以外にも自分の預金等に200万円あるのであれば、自己資金は300万円とみてくれます。しかし、自分で出資したのが0円で自分の預金なども0円だとすると、自己資金は0円という評価になってしまいます。

まとめ


自己資金は融資の可否を左右する重要な要素になります。金融機関の担当者もさまざまな経営者の融資審査をしていますので、見せ金でごまかそうとしてもバレてしまいます。見せ金はあなたの印象を悪くして融資を受けるのは難しくなってしまうため、金融機関からの融資を検討している方は、毎月コツコツを通帳で確認できるようにお金を貯めていきましょう。

【無料】資金調達相談会を実施しています。資金調達相談会申し込みはこちらから。
記事のお問い合わせは
下記電話にお問合せください。

スタートゼロワン株式会社
電話番号:03-6380-3041

カテゴリー

タグ

おすすめ記事

起業・開業支援情報

起業・開業のノウハウ集
起業・開業の専門家が教えます
起業・開業 情報サイト
資金調達 情報サイト