飲食店開業のノウハウを紹介する情報サイト

飲食店の『フランチャイズ契約』と『ライセンス契約』の違いとは?


飲食店を開業をしたいと思っている方は、基本的に飲食店を経験して開業しますが、未経験の場合、どうやって開業すればいいか分からないこともあるでしょう。そんな時に選択肢として入るのがフランチャイズ契約とライセンス契約です。しかし、この2つは全く同じではなく違う部分があります。

そこで今回は、飲食店の『フランチャイズ契約』と『ライセンス契約』の違いについて解説していきます。

フランチャイズとは?

飲食店を開業する方法はさまざまですが、その中でも、フランチャイズを利用した飲食店の開業は、経営未経験であっても参入しやすいほどリスクが低いといわれる開業方法です。

フランチャイズは、個人や法人がフランチャイズ本部と契約を結び加盟店となることで『成功実績のある経営ノウハウ』や『知名度のある看板、確率された商品・サービスなど』を使用する権利をもらい、その対価としてフランチャイズ本部に『加盟金』や『ロイヤリティなど』を支払うという仕組みになります。

【無料】飲食開業相談会を実施しています。飲食開業相談会申し込みはこちらから。

ライセンス契約とは?

ライセンス契約とは、商標や特許の権利、ブランドコンセプトなどをパッケージ化して、それらの使用が許諾されるビジネスモデルのことで、パッケージライセンスとも呼ばれています。パッケージを提供する本部はライセンス収入によって収益の拡大を狙います。

フランチャイズとライセンス契約の違いについて

ここからは、代表的なフランチャイズとライセンス契約の違いについて説明します。

ロイヤリティの有無

フランチャイズ契約の場合には、初期費用のほかに毎月支払うロイヤリティが発生します。ロイヤリティの金額は企業によって異なり、毎月の売り上げの一部を支払うところもあれば、毎月決まった金額を支払うところもあります。一方でライセンス契約の場合は、ロイヤリティは発生しません。

本部によるサポート

フランチャイズ契約の場合には、本部による開業後のサポートがあります。スーパーバイザーによる黒字経営をするためのアドバイスを受けることが可能です。一方でライセンス契約の場合には、開業後のサポートはありません。企業によってはオプションで行っているところもありますが、経営方針や経営スタイルを決定するのはオーナーになります。

仕入れ業者の指定

飲食店では食材の仕入れが必要です。フランチャイズ契約では本部による仕入先が決まっており、個人で別の仕入れ先を選ぶことはできません。一方でライセンス契約ではオーナーが仕入先を決めます。

まとめ


いかがでしたでしょうか?今回は、飲食店のフランチャイズ契約とライセンス契約の違いについて解説しました。

フランチャイズとライセンス契約では、契約後の開業や事業運営の内容に大きな違いが見られます。まずは、契約したいと思っているものが、どちらにあてはまるかをはっきりと把握しておく必要があります。 フランチャイズとライセンス契約の特徴の違いを理解して、自分に合うビジネスを選択するようにしましょう。

そしてフランチャイズとライセンス契約の両方にメリットとデメリットが存在しています。自分自身の該当事業に関する経験値・知識量・ノウハウの程度に照らして考えていきましょう。加えて、経営知識やノウハウをどれくらい持っているかも、どちらが適しているかを測る基準のひとつといえるでしょう。

事業や経営に関して初心者であれば、継続的にスーパーバイザーからの指導やアドバイスを受けられるフランチャイズのほうが運営はスムーズに進められるでしょう。該当事業に関して、ある程度経験を持つ人にとっては、ライセンス契約のほうがメリット性が高いと考えます。コストを抑えた運営が可能ですし、自社のオリジナル性を出していけるため、事業成長にもつながりやすくなるでしょう。

【無料】資金調達相談会を実施しています。資金調達相談会申し込みはこちらから。
記事のお問い合わせは
下記電話にお問合せください。

スタートゼロワン株式会社
電話番号:03-6380-3041

カテゴリー

タグ

おすすめ記事

起業・開業支援情報

起業・開業のノウハウ集
起業・開業の専門家が教えます
起業・開業 情報サイト
資金調達 情報サイト