飲食店開業のノウハウを紹介する情報サイト

【飲食店開業】調理器具の代表的なものとは?


飲食店を開業するにあたっては、様々な器具が必要になります。

今回は、飲食店開業に必須の調理器具をご紹介します。

調理器具は何を揃えればよいのか?

調理器具は、厨房で調理をする人数分あると安心です。基本的なところから言えば、包丁やまな板は絶対に必要でしょう。魚を扱うなら刺身包丁など、食材に合わせて複数本用意しておきたいところです。また、鍋やレードル、フライパンもさまざまな種類があるので、素材や調理方法などで選ぶようにしましょう。

下ごしらえ用のボウルやザル、パスタやサラダの盛りつけ用トング、デザートのケーキを焼くのであれば型も必要です。調理に欠かせない調味料を管理しておく、調味料入れも必須のアイテムです。

 

◇ 調理器具の代表的なもの
  • 包丁、まな板
  • 生のものから調理をするので、衛生面への配慮が重要です。

  • 鍋、フライパン、レードル
  • 調理方法によって様々な種類があります。また、熱の伝わり方や使える調味料が違ってくるので、材質もチェックしましょう。

  • ボウル、ザル、バット
  • 下ごしらえなどに欠かせません。用途に応じたサイズはもちろん、手入れのしやすさもチェックポイントの1つといえるでしょう。

  • 調味料入れ
  • 調理にかかせない調味料は、整頓しておくことで効率的に活用できます。調味料の容量や形状に応じて選び、さっと使い分けられるようにしておきましょう。

【無料】飲食開業相談会を実施しています。飲食開業相談会申し込みはこちらから。

何を重視?どこで買えばいい?

調理器具は毎日使うものですから、使い勝手の良さを重視してください。「良いものを確認してから買う」なら、道具街に実際に行って選ぶのが確実です。東京なら合羽橋道具街、大阪なら千日前道具屋筋商店街を活用するといいでしょう。なお、木製のものはお洒落な印象がありますがカビや雑菌が繁殖しやすいので扱いに注意が必要です。

購入について、一般的には調理器具を扱っている会社を店舗装飾業者に紹介してもらうか、通販サイトから購入するのがよいでしょう。資金的な制約がある場合は、中古品を検討するのも一案です。

まとめ


今回は、飲食店における代表的な調理器具をご紹介しましたが、上記以外でも業態によって必要な調理器具があります。基本的なものを揃えつつ、自店にはどんなものが必要か、調理工程などを踏まえて検討してみましょう。

【無料】資金調達相談会を実施しています。資金調達相談会申し込みはこちらから。
記事のお問い合わせは
下記電話にお問合せください。

スタートゼロワン株式会社
電話番号:03-6380-3041

カテゴリー

タグ

おすすめ記事

起業・開業支援情報

起業・開業のノウハウ集
起業・開業の専門家が教えます
起業・開業 情報サイト
資金調達 情報サイト