飲食店開業のノウハウを紹介する情報サイト

【飲食店】お店の入りたくなる外観・外装の作り方とは?


飲食店を開業する時、内装デザインの事ばかりで外観・外装デザインの事は考えていますか?どんなに素敵な内装でもお客さんが入ってこなければ意味がありません。お店の外観・外装は集客の有無を左右する非常に重要なパートです。

今回は、飲食店におけるお店の入りたくなる外観・外装の作り方について解説していきます。

外観が担う役割とは?

まず自店舗の外観デザインを効果的なものにしたいなら、その役割を押さえておかなければいけません。正面から見た時の建物の外観は、「ファサード(facade)」と呼ばれます。ファサードが持つ大きな役割は、飲食店の「顔」として店舗の存在を周囲にアピールすることです。店舗の業種や雰囲気を表すファサードは飲食店の印象を左右するため、歩行者が店舗に気づいて入ってくれるかどうかは、このファサード次第といっても過言ではありません。外から眺めた時に、何の店なのかわかりにくいデザインでは、集客に繋がりにくくなってしまい効果的とはいえません。

そしてお客さんがお店の近くを通って入店を決めるまでの行動は以下に分けることができます。

  • 看板や外観が目に留まる
  • 入口の商品やメニューを見る
  • 店内の様子を観察する

上記を段階一つ一つで安心感を与えることができてはじめて、お客さんは入店してくれます。スムーズに店内に誘導するためには、それぞれのプロセスで警戒を解くための対策を打つ必要があります。

外観で伝えるべきメッセージとは?

顧客に入ってもらうためには店舗の外観・外装デザインからメッセージを伝える必要があります。例えば、外観を見てもどんな飲食店かわからないお店では、お客さんも不安で入りにくいです。何を売っているのかをファザードで掴んでもらえるような外観のデザインはとても大切です。

どんな業態のお店なのか

そもそも自分の店舗が何を売っているお店なのか、外から眺めても検討も着かないという状態では、お客さんも入りにくいですよね。具体的にどのような商品を売っているお店なのかは実際に入店しなければわからないこともあると思いますが、ある程度のイメージを持ってもらうことは必要です。

そのためにも、外観・外装デザインからどのような業態なお店なのかイメージが沸くことが大事です。客観的に自分の店舗を見つめると、改善の余地が見つかるかもしれません。

ターゲットとお店のコンセプトが表現されているか

自分の店舗が誰のためにあるのか、そしてどんなコンセプトをもった店舗なのかということもとても大切なメッセージです。どのような人に向けて、どのようなお店なのかをデザインを通して伝えられる外観にしましょう。

飲食店であれば、和風なのか洋風なのか、ファストフードか高級料亭なのかなど、外観で理解できるとお客さんも安心ですよね。また、どのような年齢層の人なのか、どんな趣味趣向を持った人なのかなども考えてみましょう。ターゲットを明確にすればする程、メッセージも伝えやすくなります。

【無料】飲食開業相談会を実施しています。飲食開業相談会申し込みはこちらから。

思わず入りたくなるファサードの作り方

ここからは、思わず入りたくなる店舗の外観・外装デザインの作り方について説明していきます。

目に留まる看板の設置

「ここにこんなお店があります」とお客さんに気づいてもらうのが看板の役割です。そのためにはお客さんの目線上にあり、アイキャッチとしての機能がなくてはいけません。集客に効果的な看板を置くようにしましょう。

入口で商品を紹介する

入店する前に商品が確認できるとお客さんは安心します。飲食店であれば入口にメニューブックを置いたり、人気メニューの写を真値段付で展示したりするといいでしょう。そこで「これが食べたい」「これを注文したい」という気持ちにさせることができれば獲得成功です。

外から店内が見えるようにする

店内の様子が分かるかどうかというのは最後の入店するか否かというお客さんの決断に大きく影響します。1階店舗であれば、店の中と外という境目をなるべく無くすのが最も簡単な方法でしょう。全面ガラス張りにしたり、扉を全開にするなど思い切ったこともできます。

地下や2階以上の店舗の場合は、店内の写真や映像を入口に掲示する、店員さんの顔写真を掲載するなど店内の様子が分かるものを展示するといいでしょう。お客さんにとって、わからないということは一番怖いものです。店舗の中を見えるように設計し、お客さんが安心して入店できるような店舗のデザインにしましょう。

外観・外装デザインの注意点とは?

立地を考える

外観デザインで成功するためのポイントは、立地を考えたデザインにしてターゲットを誘導することです。店の「顔」になるファサードですが、店舗によっては人通りが少なく、人の目につきにくい立地であることも考えられます。ファサード本来の役割を果たすためにも、「人の流れ」を考慮して設計することが大切です。

競合店の把握

お店の業態やコンセプト、イメージが伝わりやすいように考慮して、外観・外装のデザインをしたつもりが、競合店と同じようなデザインになってしまっては、お客様に気づいてもらいにくくなります。特に飲食店が密集している場所などには、業態やコンセプトが似ている競合店がある場合が多いです。その場合は、外観のデザインで差別化を図りましょう。

まとめ


いかがでしたでしょうか?今回は、飲食店におけるお店の入りたくなる外観・外装の作り方について解説しました。

どんなに自慢の料理であっても、サービスが充実していてもお店に入ってもらえなければ意味がありません。きっかけを作ってくれるのが、お店の外観です。店舗デザインを考える際、予算を内装ばかりにかけるのではなく、外装にもこだわり、中から見ても、外からでも魅力を感じてもらえるお店にしましょう

【無料】資金調達相談会を実施しています。資金調達相談会申し込みはこちらから。
記事のお問い合わせは
下記電話にお問合せください。

スタートゼロワン株式会社
電話番号:03-6380-3041

カテゴリー

タグ

おすすめ記事

起業・開業支援情報

起業・開業のノウハウ集
起業・開業の専門家が教えます
起業・開業 情報サイト
資金調達 情報サイト