飲食店開業のノウハウを紹介する情報サイト

【飲食店】防犯・監視カメラ設置する必要性と活用方法について解説


最近ではどこででも生活の中で防犯・監視カメラをよく目にしますが、飲食店においては、犯罪防止のために設置するケースが多いです。

今回は、飲食店における防犯・監視カメラの必要性と活用方法について解説していきます。

飲食店に防犯・監視カメラを設置する必要性とは?

犯罪を未然に防ぐ

レジの金銭のずれは身近な問題です。従業員との信頼や、お客さまとの信頼関係を築くために設置することが重要です。また、飲食店内で犯罪が起きればお店の評判は落ち、そして大量の金銭が盗まれれば経営に重大な支障をきたします。そうすると、安定した店舗経営が難しくなる場合もあります。防犯という本来の役割を考えると、防犯カメラを設置する必要性は非常に高いです。

従業員の監視

従業員が不正を働かないためにも一定の監視は必要ですが、それ以外にも従業員の監視にはメリットがあります。それが、業務の改善や教育につなげられるということになります。しっかりとマニュアル通りに動けているのか、あるいは何かしらのトラブルが起きていないかなどの監視をすることができるようになるのです。また、経営者や店長がいない間、しっかりと誠意を持って働いているかなどを確認する手段にもなります。

衛生管理

開店前、閉店後、消費者の目が厳しくなっているからこそ、どこでもチェックできる体制が必要になってきます。犯罪や不正を未然に防ぐという本来の役割も大事ですが、店内に設置するのであれば、経営にも活かさない手はありません。本来の防犯という役割からカメラを設置する必要性もかなり高いものですが、設置したカメラを経営に役立てることも可能なのです。

【無料】飲食開業相談会を実施しています。飲食開業相談会申し込みはこちらから。

飲食店における防犯・監視カメラの活用方法

顧客の入り状況の確認

店舗の従業員とお客さまの多さが適合しているか。といった点を確認し、適正な人員での運営ができます。また、レジでの対応などを見直し、良い対応があれば従業員と共有するなど、人材育成にも生かすことができます。

食品の安全性

食品への異物混入が話題になった時期もあり、飲食店内での防止策、安全性の証明が求められています。お客さまから、指摘があった場合に映像を確認したり「防犯カメラでしっかり撮影しています」と告知することが、安全性へのアピールにもつながります。

レジでの金銭授受のトラブル防止

お釣りの受け渡し間違いや、クレジットカードの返却漏れ、お客さまの勘違いなど、様々なトラブルが起こるのがレジ周辺です。防犯カメラを設置することで映像が残り、事実の究明を迅速に行うことができ、またマイクも併用することで、より確実性の高いデータを残すことが可能です。

店舗駐車場などでのトラブル防止

食事中は車から離れる一定の時間があることが予想しやすいため、夜間などは特に車上荒らしの被害に遭いやすいポイントでもあります。防犯カメラがあることで、車上荒らしを遠ざける効果も期待できます。

飲食店におススメなカメラの種類


ここからは、飲食店におすすめなカメラを場所・用途別にお知らせします。

ドーム型(レジ廻り)

不特定多数の人物が出入りする飲食店。防犯カメラの設置場所を検討するさいに優先度が高いのは、レジ周りでしょう。犯罪防止だけでなく、釣銭の受け渡しによるトラブル時やスタッフの不正防止にも大きな力を発揮してくれます。

ドーム型は、撮られているということをあまり意識させることなく使用できるカメラです。撮影されていることに居心地の悪さを感じる人もいるので、お客様あっての飲食店ではこのような配慮も必要になってきます。ドーム型のメリットは、撮影範囲が広いため、レンズがどの方角を向いているかが分かりづらい点です。これにより死角をついた犯行が難しく、防犯性も高いと言えます。

ボックス型(店舗外)

店舗内に防犯カメラを設置しただけで、安心してはいけません。多くの人が行き交う出入口付近、そして駐車場などの人の目があまりない場所など、屋外の設置も必要です。ボックス型のカメラを設置するメリットとしては、設置していること、監視していることを強くアピールできる点です。また、レンズの付け替えも可能。種類豊富なレンズの中から用途に合わせて選べます。ただし、カメラの向きが固定されるので、死角ができやすいというデメリットもあります。

クラウドカメラ(複数店舗管理)

飲食店において防犯カメラを設置するメリットは、防犯だけではありません。オーナーにとっては、お客様の入り状況やスタッフの動きを把握するさいにも役立ちます。クラウドカメラは、インターネット環境があればどこにいてもパソコンやスマートフォンで映像を確認できる優れもの。まさに、忙しいオーナーにおすすめです。撮影した映像は全てクラウドサーバーを通して保存されるため、これまでのように録画機やSDカードの容量オーバーを気にする必要がありません。犯罪時にデータを盗まれたり、破壊されることなく、データを管理できます。

まとめ


カメラを設置することで、お客様が安心して来店できるだけでなく、スタッフが安心して働ける環境を作ることが出来ます。オーナーにとっては、お客様の状況やスタッフの稼働状況を把握するツールにもなります。設置する目的を明確にし、その用途に合った防犯・監視カメラを選択しましょう。

【無料】資金調達相談会を実施しています。資金調達相談会申し込みはこちらから。
記事のお問い合わせは
下記電話にお問合せください。

スタートゼロワン株式会社
電話番号:03-6380-3041

カテゴリー

タグ

おすすめ記事

起業・開業支援情報

起業・開業のノウハウ集
起業・開業の専門家が教えます
起業・開業 情報サイト
資金調達 情報サイト