飲食店開業のノウハウを紹介する情報サイト

【飲食店開業】一般的な内装工事費用について解説


飲食店を開業する際に気になるのは、店舗を作るのに、いくらぐらい費用がかかるのかということではないでしょうか?そして店舗開業にかかる費用の中でも、内装工事費用は多額になりますので、予め一般的な費用を知っておくべきです。

今回は、飲食店における一般的な内装工事費用について解説していきます。

飲食店の内装工事の特徴とは?

業態はもちろんのこと、立地や客層、客単価によっても内装工事費用は変わってきます。この業態であればピンポイントでいくらと言うことはできませんが、新装か改装かによって、飲食店の内装工事費用と坪単価は全く変わってきます。

飲食店の「新装」の場合

15坪くらいの飲食店で新装の場合、内装工事費用の目安は、一般的に1坪30万円~50万円程度(厨房機器は別途)です。このうちの半額くらいが、電気・ガス・水道・空調・給排気などの設備工事に費やされます。

当然ですが、物件の規模(大きさ)によっても、内装工事費用と坪単価が変わってきます。例えば、5坪の店舗と15坪の店舗を比較しても、最低限必要な設備工事はほとんど変わらないため、15坪の店舗より5坪の店舗の方が坪単価としては高くなります。逆に、50坪のように大きな店舗でも、必要な設備工事はあまり変わらないため、15坪の店舗より50坪の店舗の方が坪単価は下がります。

また、内装工事費用とは別にかかる費用として厨房機器がありますが、これは業種によって全く価格が違いますので、事前にネットなどで相場を調べて予算を組んでおきましょう。

飲食店の「改装」の場合

飲食店の改装の場合は、元々の設備があることが前提になります。元々の設備に手を加えなければ、15坪くらいの飲食店なら、1坪15万円~30万円程度(厨房機器は別途)で工事できます。

ただし、厨房の位置を変えるなど設備に変更を加えると、新装の内装工事費用と変わらなくなります。厨房は防水工事がしてあり、区画を小さくしたり、大きくしたりすることが難しいためです。ですので、もし改装や居抜きでコストダウンを図るつもりなら、元々あった厨房を活かす方向で考えましょう。居抜きがスケルトンより安くなるのは事実ですが、それは元々ある設備を活かすからであって、設備を変えるのであれば、新装の内装工事費用とあまり変わらなくなってしまいます。

【無料】飲食開業相談会を実施しています。飲食開業相談会申し込みはこちらから。

内装工事費用はローンを組めるのか?

ほとんどの内装工事はローンを組めませんので、現金払いが基本になります。工事の見積りによって、日本政策金融公庫や銀行などの金融機関から融資を受けるのが一般的です。融資が決裁された時点で契約し、内装業者の口座に現金を振り込む形になります。

支払いのパターンは、着手前に半分支払い、完了後に残りの半分を支払うか、着手前に3分の1を支払い、中間で3分の1を支払い、完了後に3分の1を支払うかの2つになります。また、厨房機器に関しては中古やリースもありますので、予算が足りない場合には中古やリースを活用する方法もあります。厨房機器のリースには審査がありますが、ほとんどの内装業者が仲介手続きをしてくれますので、必要な場合は相談してみましょう。

重要なのは最低でも3社以上で見積もり比較をする事

複数の業者にて見積もり比較することは、工事費を下げるためには必ず必要になります。公共事業や民間の大企業などにおいても、入札という形で必ず見積もり比較は行っています。

そしてどうしても予算に収まらない場合は、内装工事会社に減額案を提示してもらうのが良いでしょう。その際重要なのは、見積を提出してもらう際に細かな詳細で出してもらうこと(費用がかかる項目毎)と、何が必要(妥協出来る)で、何が必要ないのか(妥協できない)を内装業者と綿密に打ち合わせをする事です。優良な内装会社であれば、様々なノウハウを多く保有しているので対応してくれるでしょう。

まとめ


いかがでしたでしょうか?今回は、飲食店における一般的な内装工事費用について解説しました。

飲食店の内装工事は資金計画や集客に直接影響する重要な項目ですので、妥協することなく、納得のいく形で計画を進めていきましょう。

【無料】資金調達相談会を実施しています。資金調達相談会申し込みはこちらから。
記事のお問い合わせは
下記電話にお問合せください。

スタートゼロワン株式会社
電話番号:03-6380-3041

カテゴリー

タグ

おすすめ記事

起業・開業支援情報

起業・開業のノウハウ集
起業・開業の専門家が教えます
起業・開業 情報サイト
資金調達 情報サイト