飲食店開業のノウハウを紹介する情報サイト

ニュース 2021年9月30日

緊急事態宣言・まん延防止措置が9月末に全面解除。酒類提供を行う飲食店の解除後方針を発表


東京・大阪など19の都道府県に発令されている緊急事態宣言と、8県へのまん延防止措置について、政府はいずれの地域でも新型コロナウイルスの新規陽性者数が減少し、医療への負荷も軽減されているとして、9月30日の期限をもって全面解除すると表明しました。9月以降、新規陽性者数は大幅に減少しつつあります。こうした状況などから、現在の緊急事態宣言地域においては、まん延防止措置への移行を行わずに解除となります。

また菅首相は、解除後の行動制限について「今後も高い警戒感を持ちながら、飲食などについて段階的に緩和を行っていく必要がある」と述べており、一定の行動制限を要請する意向です。西村康稔経済財政・再生相も分科会で、「解除後に様々な活動が活発になれば必ず感染者の数が増えていく。感染再拡大を防ぐ観点から必要な対策を継続する」と述べました。

9日に改訂された基本的対処方針によれば、宣言の解除後も「対策の緩和については段階的に行い、必要な対策はステージ2相当以下に下がるまで続ける」ことが基本とされています。

宣言を解除した地域で酒類提供を行う飲食店は、解除後は以下のような方針となります。

  • 認証店の営業時間は午後9時まで、非認証店は午後8時までを要請
  • 酒類提供を認める(条件は各知事の適切な判断に委ねる)
  • 1か月を目途に段階的に条件緩和を行い、時短に応じる店舗には協力金を支給する

酒類の提供可能時間については、都道府県が上記の範囲内で決めることになります。西村氏は「感染状況に応じ、各知事が適切に判断する必要がある」と説明。一方で、東京、埼玉、千葉、神奈川の知事は26日、飲食店の営業などに関わる感染防止対策について、具体的な緩和方針を基本的対処方針に明記するよう、政府に共同で要望している。取りまとめを行った埼玉県の大野元裕知事は、飲食店に対する営業時間の短縮要請などについて「全てを緩和する状況ではない」と述べました。

ちなみに、緊急事態宣言ならびにまん延防止措置も解除されるため、これらの措置に強制力はない。政府は新たな協力金を支給することで、再び飲食店側に対応を促す方針です。解除されれば、全国で宣言と重点措置が発令されていない状況は、4月4日以来およそ半年ぶり。大きな反動が生じないことを祈りつつ、日常生活回復への歩みを一歩ずつ進めていきたい所です。

お問い合わせ
起業・飲食開業の事など、お気軽にご相談ください。 飲食開業のミカタでは
『起業・開業やビジネスの「はじめる」1%向上に役立つ情報などを提供します』
記事のお問い合わせは
下記電話にお問合せください。

スタートゼロワン株式会社
電話番号:03-6380-3041

カテゴリー

タグ

おすすめ記事

起業・開業支援情報

起業・開業のノウハウ集
起業・開業の専門家が教えます
起業・開業 情報サイト
資金調達 情報サイト