飲食店開業のノウハウを紹介する情報サイト

資金調達情報 2021年6月18日

【京都府】CO2データ提供飲食店に最大30万円

※こちらの内容は既に締切済みの内容となっております。ご注意下さい。


京都府は飲食時の新型コロナウイルス感染リスク低減に向け、府内飲食店のCO2濃度をモニタリングする「京都府『京の飲食』安全対策向上事業」を始める。「CO2濃度モニタリング協力店」の公募し、協力店に対して協力金を交付するとともに、CO2センサーや換気機器、飛沫防止装置などの整備費用を補助する。補助率は4分の3以内で、補助上限額は最大30万円。申請は7月8日まで。

CO2濃度モニタリングは、感染リスク要因の一つである「換気の悪い密閉空間」とならないようにするのが目的。店舗・施設内のCO2濃度を測定し、CO2センサーにより継続的に測定・データを提供してもらい、効率的な換気を促す。協力店は京都府のホームページに掲載し、店舗貼付用のステッカーを交付するとともに、協力金3万~5万円を支給する。

一方の機器整備補助金の対象機器は、CO2センサー、換気機器(換気扇、換気機能付きエアコンなど)、ウイルス除去機能付き空気清浄機、飛沫防止装置(アクリル板、透明ビニールカーテンなど)、インターネット回線(有線・無線)の設置経費など。

【京都府】CO2データ提供飲食店に最大30万円 詳細はこちらから

お問い合わせ
起業・飲食開業の事など、お気軽にご相談ください。 飲食開業のミカタでは
『起業・開業やビジネスの「はじめる」1%向上に役立つ情報などを提供します』
記事のお問い合わせは
下記電話にお問合せください。

スタートゼロワン株式会社
電話番号:03-6380-3041

カテゴリー

タグ

おすすめ記事

起業・開業支援情報

起業・開業のノウハウ集
起業・開業の専門家が教えます
起業・開業 情報サイト
資金調達 情報サイト